ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

2019/12/10

作曲家のオルガ・ノイヴィルト((Olga Neuwirth)が9日、オーストリア政府の科学・芸術名誉十字章勲一等(Österreichisches Ehrenkreuz für Wissenschaft und Kunst)を受賞した。ノイヴィルトのは8日に新作のオペラ《オルランド》がウィーン国立歌劇場で世界初演されたばかり。

ノイヴィルトはグラーツ生まれの51歳。7歳からトランペットを始め、国立ウィーン音楽演劇大学でエーリヒ・ウルバンナー(Erich Urbanner)に作曲法を学んだ。その後、サンフランシスコ音楽院、パリのフランス国立音響音楽研究所(IRCAM)に留学。2003年にはオペラ化したデヴィッド・リンチの映画『ロスト・ハイウェイ』が初演された。

今回の《オルランド》はウィーン国立歌劇場の150周年記念公演。歌劇場が初めて女性作曲家に作曲を委嘱したオペラで、英国の作家ヴァージニア・ウルフの小説『オーランドー』に基づく。脚本はフランス系アメリカ人の劇作家キャサリン・フィルー、衣装は「コム・デ・ギャルソン」の川久保玲が手掛け、原作、作曲だけでなく、脚本、演出、衣装のすべてに女性が起用されたことで話題を集めた。

写真:APA

関連記事

  1. ザルツブルク聖霊降臨祭音楽祭 〓 代役でネトレプコが《トスカ》に出演

  2. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  3. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 早くも2022年のプログラムを発表、オペラは《ローエングリン》

  4. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭が“縮小版”プログラムを発表

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 2020年夏の音楽祭のプログラムを発表

  6. ブレゲンツ音楽祭 〓 新制作の《アルジェのイタリア女》の上演を断念、上演陣のコロナ陽性反応受け

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  8. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 10月に延期

  9. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、新制作の《パルジファル》の上演を延期

  11. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  12. ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

  13. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。