ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

2020/10/07

ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表した。「オブ・ザ・イヤー」は欧米の音楽関係の評論家や記者50名の記名投票で選ばれている。今年の「オペラハウス」はフランクフルト歌劇場とジュネーブ歌劇場が同じ票数で分け合った。主な受賞者は以下の通り。

[オペラハウス]フランクフルト歌劇場 / ジュネーブ歌劇場

[女性歌手]マルリス・ペーターゼン(ソプラノ)
 =バイエルン州立歌劇場の《死の街》マリエッタとマリー役、アン・デア・ウィーン劇場の《サロメ》のタイトルロールが評価された。受賞は4回目。

[男性歌手]ヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ(カウンターテナー)
 =バーデン州立歌劇場でのヘンデルの《トレメオ》のタイトルロールが評価された。

[若手アーティスト]ニコール・シュヴァリエ(ソプラノ)
 =アン・デア・ウィーン劇場の《皇帝ティートの慈悲》のヴィテリア役、ザルツブルク音楽祭の《イドメネオ》のエレットラ役が評価された。

[プロダクション]バイロイト音楽祭のワーグナー《タンホイザー》

[演出家]トビアス・クラッツァー
 =バイロイト音楽祭のワーグナー《タンホイザー》を演出

[初演]ウィーン国立歌劇場のオルガ・ノイヴィルト《オルランド》 / デンマーク王立劇場のハンス・アブラハムの《雪の女王》

[再発見]パウル・デッサウ《ランツィロット》
 =ワイマール国民劇場による蘇演

[オーケストラ]バイエルン州立歌劇場管弦楽団
 =9回目の受賞、連続7年の受賞。

[コーラス]シュトゥットガルト州立歌劇場合唱団
 =13回目の受賞

[指揮者]キリル・ペトレンコ

写真:Bayreuther Festspiel


    もっと詳しく ▷





関連記事

  1. ベルン発 〓 スイスの劇場閉鎖、2月末まで延長の方向

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が13日、ドイツの歌劇場のトップを切って再開場

  3. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  4. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  5. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  6. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  7. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  9. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  10. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  11. ドレスデン発 〓 指揮者のヤノフスキがドレスデン・フィルとの契約を延長

  12. ボストン発 〓 ボストン響も2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  13. ベルリン発 〓 ムターがフェイスブック上で新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを明らかに

  14. ライプツィヒ発 〓 バッハ音楽祭が開催断念を発表

  15. 東京発 〓 2020年度の分配額が過去最高の1206億円、日本音楽著作権協会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。