ベルリン発 〓 オペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表

2020/10/07

ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト=Opernwelt」が「オブ・ザ・イヤー2020」を発表した。「オブ・ザ・イヤー」は欧米の音楽関係の評論家や記者50名の記名投票で選ばれている。今年の「オペラハウス」はフランクフルト歌劇場とジュネーブ歌劇場が同じ票数で分け合った。主な受賞者は以下の通り。

[オペラハウス]フランクフルト歌劇場 / ジュネーブ歌劇場

[女性歌手]マルリス・ペーターゼン(ソプラノ)
 =バイエルン州立歌劇場の《死の街》マリエッタとマリー役、アン・デア・ウィーン劇場の《サロメ》のタイトルロールが評価された。受賞は4回目。

[男性歌手]ヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ(カウンターテナー)
 =バーデン州立歌劇場でのヘンデルの《トレメオ》のタイトルロールが評価された。

[若手アーティスト]ニコール・シュヴァリエ(ソプラノ)
 =アン・デア・ウィーン劇場の《皇帝ティートの慈悲》のヴィテリア役、ザルツブルク音楽祭の《イドメネオ》のエレットラ役が評価された。

[プロダクション]バイロイト音楽祭のワーグナー《タンホイザー》

[演出家]トビアス・クラッツァー
 =バイロイト音楽祭のワーグナー《タンホイザー》を演出

[初演]ウィーン国立歌劇場のオルガ・ノイヴィルト《オルランド》 / デンマーク王立劇場のハンス・アブラハムの《雪の女王》

[再発見]パウル・デッサウ《ランツィロット》
 =ワイマール国民劇場による蘇演

[オーケストラ]バイエルン州立歌劇場管弦楽団
 =9回目の受賞、連続7年の受賞。

[コーラス]シュトゥットガルト州立歌劇場合唱団
 =13回目の受賞

[指揮者]キリル・ペトレンコ

写真:Bayreuther Festspiel


    もっと詳しく ▷





関連記事

  1. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  2. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭の開幕は8月1日、規模は大幅縮小

  3. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  4. デトロイト発 〓 演出家のユヴァル・シャロンがミシガン・オペラ・シアターの芸術監督に

  5. ニューヨーク発 〓 ルネ・フレミングがメトロポリタン歌劇場の新作オペラに

  6. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  7. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  8. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  9. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  10. バッファロー発 〓 ジョアン・ファレッタがバッファロー・フィルとの契約を延長

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  12. パリ発 〓 国立オペラの新シーズン開幕は11月末に

  13. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  14. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  15. ドレスデン音楽祭 〓 「グラスヒュッテ音楽祭賞」の授与式をオンライン上で、ハンニガンと結んで

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。