ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

2020/10/06

ライプチヒ歌劇場(Oper Leipzig)が2022年6月から7月にかけて、ワーグナーの13の歌劇と楽劇を集中上演する音楽祭を行うと発表した。2009年から芸術監督・音楽監督を務めてきたウルフ・シルマー(Ulf Schirmer)にとって最後のシーズンを締め括る一大イベント。

「ワーグナー22」と名付けられた音楽祭は、《ニーベルングの指環》以外の、ワーグナーの作品をすべて上演するという意欲的なもの。戦前の名指揮者でナチスによってライプチヒ歌劇場を追われ、最後に自ら命を絶ったグスタフ・ブレッヒャー(Gustav Brecher)の顕彰も兼ねる。

出演するアーティストも多彩で、エヴェリン・ヘルリツィウス、クラウス・フロリアン・フォークト、リーゼ・リンドストローム、シュテファン・ヴィンケ、ミヒャエル・ヴォッレが顔を揃える。ピットに入るのは、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。

ライプチヒ歌劇場は1693年の設立で、ベネチア、ハンブルクに次ぐヨーロッパで3つ目の市民音楽劇場。作曲家のテレマンによって隆盛を誇り、後にはバッハも指揮をしている。第2次大戦中の1943年の空襲で当初の建物は破壊されたが、1960年に東ドイツ初の劇場建築として再建された。

写真:Oper Leipzig / Kirsten Nijhof


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  3. ミュンヘン発 〓 BR-KLASSIKが話題のドキュメンタリーを再掲載、ネトレプコ、ビリャソンの《椿姫》の舞台裏

  4. ロンドン発 〓 英国の劇場やホールも閉鎖、公演もすべてキャンセル

  5. ウィーン発 〓 作曲家ジョン・ウィリアムズがついにウィーン・フィルを指揮

  6. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  7. ブリスベン発 〓 クイーンズランド交響楽団の次期首席指揮者にヨハネス・フリッチュ

  8. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  9. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  10. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラ・バレエが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ワルシャワ発 〓 台湾政府がショパン国際ピアノ・コンクールに抗議、国名表記めぐり

  12. ロンドン発 〓 作曲家のジョナサン・ゴールドスタイン夫妻が自家用機で衝突死

  13. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  14. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが室内コンサートの動画を毎晩投稿と表明

  15. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日に《皇帝ティートの慈悲》の公演で再開場、公演のストリーミング配信も

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。