ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

2020/10/06

ライプチヒ歌劇場(Oper Leipzig)が2022年6月から7月にかけて、ワーグナーの13の歌劇と楽劇を集中上演する音楽祭を行うと発表した。2009年から芸術監督・音楽監督を務めてきたウルフ・シルマー(Ulf Schirmer)にとって最後のシーズンを締め括る一大イベント。

「ワーグナー22」と名付けられた音楽祭は、《ニーベルングの指環》以外の、ワーグナーの作品をすべて上演するという意欲的なもの。戦前の名指揮者でナチスによってライプチヒ歌劇場を追われ、最後に自ら命を絶ったグスタフ・ブレッヒャー(Gustav Brecher)の顕彰も兼ねる。

出演するアーティストも多彩で、エヴェリン・ヘルリツィウス、クラウス・フロリアン・フォークト、リーゼ・リンドストローム、シュテファン・ヴィンケ、ミヒャエル・ヴォッレが顔を揃える。ピットに入るのは、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団。

ライプチヒ歌劇場は1693年の設立で、ベネチア、ハンブルクに次ぐヨーロッパで3つ目の市民音楽劇場。作曲家のテレマンによって隆盛を誇り、後にはバッハも指揮をしている。第2次大戦中の1943年の空襲で当初の建物は破壊されたが、1960年に東ドイツ初の劇場建築として再建された。

写真:Oper Leipzig / Kirsten Nijhof


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  2. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  3. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  4. プロヴディフ発 〓 ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァに名誉市民の称号

  5. パリ発 〓 パリ国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  7. バイロイト音楽祭 〓 2023年の新制作はバーチャル・リアリティーによる《パルジファル》

  8. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団が活動休止を発表

  9. ロンドン発 〓 BBC Promsは開催を5月末に判断

  10. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  11. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第54週、第55週のラインナップを発表

  13. バンベルグ発 〓 ヤクブ・フルシャがバンベルグ交響楽団との契約を延長

  14. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  15. リッチモンド発 〓 メニューイン国際ヴァイオリン・コンクールでマリア・ドゥエニャスが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。