ライプツィヒ発 〓 18代目の「トーマスカントル」にアンドレアス・ライズが就任

2021/09/12

スイスの指揮者アンドレアス・ライズ(Andreas Reize)が9月12日、ライプツィヒの新しい「トーマスカントル」に就任、新市庁舎で式典が行われた。2016年からその任にあったゴットホルト・シュヴァルツ(Gotthold Schwarz)の後任。

「トーマスカントル」は、ライプツィヒにある聖トーマス教会の音楽監督職。作曲家のヨハン・セバスチャン・バッハは1723年から1750年まで在任、墓もこの教会にある。ライズは18代目となる。

ライズはスイスのゾロトゥルン生まれの46歳。バーゼルの名門スコラ・カントルムの他、ベルン、チューリッヒ、ルツェルンなどで教会の音楽、オルガン、ピアノ、チェンバロ、合唱団、オーケストラの指揮を学んだ。

その後、2006年からスイスのヴァルデック歌劇場、2007年からはスイスでもっとも古い少年合唱団「ゾロトゥルン聖ウルゼン大聖堂少年合唱団」、2011年からチューリヒ・バッハ合唱団の監督を歴任。ベルン芸術大学で教壇に立っていた。

写真:Thomaskirche Leipzig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  2. ヘルシンキ発 〓 フィンランド国立オペラ・バレエが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  4. ベルリン発 〓 ベルリン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  6. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  7. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  8. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 セルゲイ・ドレンスキー, ロシアのピアニスト

  10. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団が活動休止を発表

  11. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団の首席客演指揮者にヤクブ・フルシャ

  12. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア音楽院が東洋人の学生のレッスンを停止

  13. ロンドン発 〓 指揮者のドナルド・ラニクルズに「サー」の称号

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、《フィガロの結婚》と《カルメン》上演延期を発表

  15. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。