ライプツィヒ発 〓 18代目の「トーマスカントル」にアンドレアス・ライズが就任

2021/09/12

スイスの指揮者アンドレアス・ライズ(Andreas Reize)が9月12日、ライプツィヒの新しい「トーマスカントル」に就任、新市庁舎で式典が行われた。2016年からその任にあったゴットホルト・シュヴァルツ(Gotthold Schwarz)の後任。

「トーマスカントル」は、ライプツィヒにある聖トーマス教会の音楽監督職。作曲家のヨハン・セバスチャン・バッハは1723年から1750年まで在任、墓もこの教会にある。ライズは18代目となる。

ライズはスイスのゾロトゥルン生まれの46歳。バーゼルの名門スコラ・カントルムの他、ベルン、チューリッヒ、ルツェルンなどで教会の音楽、オルガン、ピアノ、チェンバロ、合唱団、オーケストラの指揮を学んだ。

その後、2006年からスイスのヴァルデック歌劇場、2007年からはスイスでもっとも古い少年合唱団「ゾロトゥルン聖ウルゼン大聖堂少年合唱団」、2011年からチューリヒ・バッハ合唱団の監督を歴任。ベルン芸術大学で教壇に立っていた。

写真:Thomaskirche Leipzig


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団との契約を延長

  2. クレルモン=フェラン発 〓 フランス国立オーベルニュ管弦楽団の次期音楽監督にトマス・ツェートマイアー

  3. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第1週のストリーミングのラインナップを発表、新制作の《椿姫》もライブで

  5. 訃報 〓 カジミエシュ・コルト, ポーランドの指揮者

  6. 訃報 〓 ジョン・キンセラ, アイルランドの作曲家

  7. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  8. ウィーン発 〓 ウィーン少年合唱団が2021年の海外ツアーをすべてキャンセルも、10月にニュー・アルバムをリリース

  9. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  10. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  11. 東京発 〓 新国立劇場がストリーミング配信のための新しいプラットフォーム開設

  12. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがチケット発売延期

  13. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  14. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  15. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。