ミュンヘン発 〓 ドイツ・サッカー界の“皇帝”フランツ・ベッケンバウアーの追悼式でカウフマンが熱唱

2024/01/22

今月7日に78歳で亡くなったドイツの元サッカー選手で、「皇帝」の名で親しまれたフランツ・ベッケンバウアーの追悼式が19日行われ、世界的テノール歌手のヨナス・カウフマン(Jonas Kaufmann)がステージに立ち、故人に別れを告げた。

追悼式は故人の故郷で、生前所属していたクラブチーム「バイエルン・ミュンヘン」の本拠地ミュンヘンのアリアンツ・スタジアムで行われ、約3万人が参列。FIFA(国際サッカー連盟)やショルツ首相の花輪が飾られた他、シュタインマイヤー大統領が追悼演説を行った。

ベッケンバウアーは西ドイツ代表チームの一員としてワールドカップに3回出場、1974年のミュンヘン大会では主将を務めて優勝した。また、1990年のイタリア大会では、監督としてチームを世界一に導いた。その後、ドイツサッカー連盟副会長、2006年のドイツ大会の組織委員長、2009年よりFCバイエルン・ミュンヘンの名誉会長を歴任してきた。

カウフマンは追悼式に先立ち、「私はミュンヘンで育ち、子供の頃からFCバイエルンのファンです。私の目には、ベッケンバウアーはクラブとドイツ・サッカー全体の最大の貢献者であり、スポーツ選手としても人間としても比類のない人物です」 とコメントを発表。《タイム・トゥ・セイ・グッバイ》など3曲を歌って故人を追悼した。

写真:Eibner


関連記事

  1. モスクワ発 〓 2021年の「オペラリア」はボリショイ劇場で開催

  2. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  5. エバンストン発 〓 2021年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」はジェンマ・ニューに

  6. カラカス発 〓 「エル・システマ」がギネス記録に挑戦、12,000人が会する超ド級演奏会

  7. ロンドン発 〓 指揮者のジャン・レイサム=ケーニックが児童に対する性犯罪の疑いで逮捕された

  8. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  9. モスクワ発 〓 ボロディン弦楽四重奏団の新リーダーにニコライ・サチェンコ

  10. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ(90)イタリアのテノール歌手

  11. ベルファスト発 〓 ダニエレ・ルスティオーニが任期満了でアルスター管の首席指揮者を退任

  12. ベオグラード発 〓 ベオグラード・フィルが首席指揮者のガブリエル・フェルツとの契約を延長

  13. フィラデルフィア発 〓 演奏前に楽団員が同僚に“客前プロポーズ”

  14. ベルリン発 〓 セバスチャン・ジャコー、ベルリン・フィルの首席フルートに

  15. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送響の演奏会でウクライナ国歌を演奏、連帯のメッセージ送る

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。