ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンをキャンセル

2020/09/24

メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)が2020/2021シーズンのキャンセルを発表した。新型コロナウィルスの収束状況がみえないため。シーズン丸ごとのキャンセルは、劇場の140年の歴史の中で初めてという。ピーター・ゲルブ総裁によると、新型コロナウィルスによる損失は1億5,400万ドル。

歌劇場はキャンセルの発表と同時に、2021/2022シーズンの公演ラインナップも発表しており、新制作は以下の6作品。シーズンの開幕を飾る《私の骨に閉じ込められた火》はテレンス・ブランチャードの作品で(セントルイス・オペラで2019年に初演)、メトロポリタン歌劇場がアフリカ系米国人の作曲家の作品を取り上げるのは初めてという。


テレンス・ブランチャード《私の骨に閉じ込められた火》
2021年9月27日 –
演出:ジェームス・ロビンソン / カミーユ・A・ブラウン
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
出演:ウィル・リバーマン / エンジェル・ブルー / ラトニア・ムーア


マシュー・オーコイン《エウリディーチェ》
2021年11月23日 –
演出:メアリー・ジンマーマン
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
出演:エリン・ モーリー /  ジョシュア・ホプキンス / ヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ / ネイサン・バーグ / バリー・バンクス


ヴェルディ《リゴレット》
2021年12月31日 –
演出:バートレット・シャー
指揮:ダニエレ・ルスティオーニ
出演:クイン・ケルシー / ローザ・フェオーラ / ピョートル・ベチャワ / リュドヴィク・テジエ


ヴェルディ《ドン・カルロ》フランス御版
2022年2月28日 –
演出:デイヴィッド・マクヴィカー
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
出演:マシュー・ポレンザーニ / ソーニャ・ヨンチェヴァ / エリーナ・ガランチャ / ギュンター・グロイスベック / ジョン・レリエ / エティエンヌ・デュピュイ


ドニゼッティ《ランメルモールのルチア》
2022年4月23日 –
演出:サイモン・ストーン
指揮:リッカルド・フリッツァ
出演:ナディーン・シエラ / ハヴィエル・カマレナ / アルトゥール・ルチンスキ / マシュー・ローズ


ブレット・ディーン《ハムレット》
2022年5月13日 –
演出:ニール・アームフィールド
指揮:ニコラス・カーター
出演:アラン・クレイトン / ブレンダ・ラエ / サラ・コノリー ロッド・ギルフリー / ジョン・トムリンソン


写真:Courtesy of Lincoln Center


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  2. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  3. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  4. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  5. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  6. パリ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチにフランスの「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  7. 訃報 〓 クリスタ・ルートヴィヒ, ドイツのメゾ・ソプラノ歌手

  8. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  9. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が7月、ガッティ指揮によるオペラの野外上演をシエナ広場で計画

  10. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が新制作《カプリッチョ》をストリーミングへ、指揮はティーレマン

  11. 東京発 〓 細川俊夫の《オーケストラのための『渦』》が第68回「尾高賞」に

  12. 訃報 〓 アントン・ガルシア・アブリル, スペインの作曲家

  13. フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

  14. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》をライブ・ストリーミング、ヌッチ、カマレナ出演

  15. ロサンゼルス発 〓 第92回「アカデミー賞」の作曲賞に『ジョーカー』のヒドゥル・グドナドッティル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。