ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

2020/03/19

アン・デア・ウィーン劇場が18日、新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信すると発表した。

新制作の《フィデリオ》は元々、3月16日に初日を迎えるはずだったプロダクション。新型コロナウイルスの感染拡大で公演が中止されていた。

上演より前にステージ映像がストリーミング配信されるのは極めて珍しい。

配信されるのは、最終リハーサルの映像。オーストリア以外では現地時間20日の午後7時から「medici.tv.」で配信される。

今回のプロダクションは、新演出を米国アカデミー賞助演男優賞を2度受賞しているオーストリアの俳優クリストフ・ヴァルツ(Christoph Waltz)が手掛けている。

ヴァルツは2013年と2016年にベルギー・アントワープのフランドル・オペラ(Vlaamse Opera)で、リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》、ヴェルディ《ファルスタッフ》の演出を手掛けており、これが第3作。

公演はマンフレート・ホーネック(Manfred Honeck)がウィーン交響楽団を指揮。合唱はアルノルト・シェーンベルク合唱団。配役は以下の通り。

 レオノーレ (=フィデリオ):ニコール・シュヴァリエ
 フロレスタン:エリック・カトラー
 ドン・ピツァロ:ガボール・ブレッツ
 ロッコ:クリストフ・フィシェッサー
 マルツェリーネ:メリッサ・プティ
 ヤキーノ:ベンジャミン・ヒューレット
 ドン・フェルナンド:カロリー・セメレディ


写真:Theater an der Wien / Monika Rittershaus


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  2. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ, 米国の作曲家

  3. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  4. ウィーン発 〓 レオンカヴァッロ《ザザ》で新シーズン開幕、アン・デア・ウィーン劇場

  5. ニューヨーク発 〓 ブロードウェイ地区、2021年5月末まで劇場閉鎖を延期

  6. ラハティ発 〓 ダリア・スタセヴスカがラハティ響の首席指揮者に

  7. デトロイト発 〓 デトロイト響の次期音楽監督にヤデル・ビニャミーニ

  8. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  9. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  10. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  11. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルの次期音楽監督にアジス・ショハキモフ

  12. 訃報 〓 アントン・コッポラ, 米国の指揮者・作曲家

  13. 東京発 〓 ワシントン・ナショナル響が日本公演を中止

  14. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  15. グラスゴー発 〓 エメリャニチェフがスコットランド室内管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。