ウィーン発 〓 楽友協会がウィーン・フィルのコンサート・スケジュールを発表

2020/09/18

ウィーン楽友協会がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(Wiener Philharmoniker)の新シーズンのコンサート・スケジュールを発表した。発表されたのは9月末から12月分のスケジュール。コンサートはすべて楽友協会大ホールが会場で、オーストリア政府の新型コロナ規制に則って行われる。

それによると、トップバッターとして登場するのはヘルベルト・ブロムシュテットで、登場は9月末と10月初め。10月半ばにはワレリー・ゲルギエフ、11月にクリスティアン・ティーレマン、12月にズービン・メータが登場する。

写真:Der Musikverein


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  2. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  3. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  4. 訃報 〓 セルゲイ・スロニムスキー, ロシアの作曲家

  5. ラヴェッロ発 〓 バルトリが「モナコ公の音楽家たち」とのツアーをスタート

  6. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  7. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  8. ロサンゼルス発 〓 第92回「アカデミー賞」の作曲賞に『ジョーカー』のヒドゥル・グドナドッティル

  9. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  10. ウィーン発 〓 今年は夏の夜のコンサートの無料開放なし、ウィーン・フィル

  11. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  12. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  13. オスロ発 〓 オスロ・フィルがラウス・マケラとの契約を更新、首席指揮者就任前の異例の延長

  14. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  15. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。