シュトゥットガルト発 〓 州立バレエが音楽監督を解任

2022/01/19

シュトゥットガルト州立バレエが音楽監督のミハイル・アグレスト(Mikhail Agrest)の解任を発表した。2018年からバレエ監督を務めるタマシュ・ディートリッヒは「ダンスと音楽が調和しなくなったら、私たちは目標を達成できません。とてもがっかりした」とのコメントを出している。

アグレストはロシア出身のアメリカ人。サンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場の指揮者の一人で、ヨーロッパを中心に活躍している。1997年から長く音楽監督を務めていたジェームズ・タグルの後任として、2020/2021シーズンから活動を開始したばかりだった。

関係者の話によると、1965年にシュトゥットガルトで初演されたジョン・クランコ振付の《オネーギン》のリハーサルで、ベテランのリード・アンダーソンらダンサーたちと衝突したことが解任の引き金になったという。

写真:Taiwann National Symphony Orchestra


関連記事

  1. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  2. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラ・バレエの次期音楽監督にエドワード・ガードナー

  3. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが新シーズン、2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  4. 訃報 〓 クリスティアン・シュターデルマン(60)ドイツのヴァイオリン奏者

  5. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  6. 東京発 〓 N響が首席指揮者のルイージと8月下旬に台湾ツアー

  7. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立オペラが新制作の《ドン・カルロ》をストリーミング配信

  8. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  9. 東京発 〓 N響が首席指揮者のファビオ・ルイージとの契約を早くも延長

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

  11. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルの次期芸術監督にファン・ディエゴ・フローレス

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場がファン・ディエゴ・フローレスの降板でライブ・ストリーミングを中止

  13. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場に初の女性コントラバス奏者

  14. 訃報 〓 ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(87)ロシアの指揮者

  15. 訃報 〓 バリー・タックウェル(88)オーストラリアのホルン奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。