ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/01/28

ロサンゼルス・オペラ(Los Angeles Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。ロサンゼルス・オペラdでは昨年、1980年代の創設時から関わり、2003年から総監督を務めてきたプラシド・ドミンゴにセクシャル・ハラスメント疑惑が浮上、辞任に追い込まれている。

ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》 = New Production
2020年9月26日 – 10月18日
演出:フランシスコ・ネグリン
指揮:ジェームズ・コンロン
出演:エンジェル・ブルー / グレゴリー・クンデ / エカテリーナ・セメンチュク / ウラディーミル・ストヤノフ / モリス・ロビンソン


ワーグナー《タンホイザー》
2020年10月17日 – 11月7日
指揮:ジェームズ・コンロン
イサカー・サヴェージ / サラ・ヤクビアク / ユリア・マトーチュキナ / ジョン・レリエ / ルーカス・ミーチャム


ロッシーニ《チェネレントラ》 = New Production
2020年11月21日 – 12月13日
演出:シュテファン・ヘアハイム
指揮:ロベルト・アバド
セレーナ・マルフィ / レヴィー・セクガパーネ / ロディオン・ポゴソフ / イルデブランド・ダルカンジェロ / アレッサンドロ・コルベッリ


モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》 = New Production
2021年1月30日 – 2月21日
演出:カスパー・ホルテン
指揮:ジェームズ・コンロン
出演:イルデブランド・ダルカンジェロ / タマラ・ウィルソン / アナ・マリア・マルティネス / ボグダン・ヴォルコフ / ジャナイ・ブラッガー / ユン・ギフン / モリス・ロビンソン


ミッシー・マッツォーリ《奇跡の海》
2021年2月27日 – 3月31日
指揮:グラント・ガーション
シドニー・マンカソーラ / アレキサンダー・エリオット


ヘンデル《タメルラーノ》 = コンサート形式(管弦楽:イングリッシュ・コンソート)
2021年4月30日
指揮:ハリー・ビケット
出演:ベジュン・メータ / マイケル・スパイレス / ソフィー・ベヴァン / ヤクブ・ヨゼフ・オルリンスキ


ヴェルディ《アイーダ》 = New Production
2021年5月15日 – 6月5日
演出:フランチェスカ・ザンベロ
指揮:ジェームズ・コンロン
Liudmyla Monastryska / グレゴリー・クンデ / エカテリーナ・セメンチュク / クレッグ・コルクロー / エリック・オーエンス / ケヴィン・ショート


ケヴィン・プッツ《光の明るさ》
2021年5月16日
指揮:ジェームズ・コンロン
出演:ルネ・フレミング / ロッド・ギルフリー


写真:Los Angeles Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭も開催を中止

  2. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  3. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが室内コンサートの動画を毎晩投稿と表明

  4. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  5. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  6. アムステルダム発 〓 オランダのホール、また閉鎖

  7. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  8. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  9. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  10. 香港発 〓 ホンコン・アート・フェスティバルが中止を発表

  11. ベルリン発 〓 コンツェルトハウスが無観客公演をストリーミング中継

  12. 東京発 〓 原田慶太楼が東響の正指揮者に

  13. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  14. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  15. 訃報 〓 カミル・マリネスク, ルーマニアの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。