ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場の新しい《指環》に暗雲、共同制作のイングリッシュ・ナショナル・オペラへの助成削減で

2023/01/20
【最終更新日】2023/05/19

英国政府が文化予算の大幅削減に舵を切った問題で、補助金の配分リストから外されたイングリッシュ・ナショナル・オペラ(English National Opera=ENO)に対して1回限りの補助金が追加配分されることになった。国営宝くじによる資金1,146万ポンド(約18億500万円)が配分されるという。

英国では政府の文化予算の配分を「アーツ・カウンシル」が行っており、今回の予算削減で中核の「アーツ・カウンシル・イングランド」への配分が5000万ポンド(約83億4,028万円)以上削減されるという大なたが振るわれた。

それを受け、ENOについては配分リストから外され、これまで配分されていた年間1,260万ポンド(約21億円)の補助金が打ち切られ、代わりに3年間で1,700万ポンド(約28億3,600万円)の一時金の支給に変更された。また、拠点をロンドンからマンチェスターに移し、新しいビジネスモデルの開発を模索することも求められている。

これにENOは「観客の7人に1人は35歳以下、主な出演者の5人に1人は多様な人種、50%以上の観客はオペラが初めてと、アーツ・カウンシルが設定した基準をすべて満たしているのに」と猛反発。歌手のブリン・ターフェルらによる削減反対の署名運動も行われている。そのため、新たな補助金が支給されることになったとみられる。

ただ、追加支給が決まっても、2021/2022シーズンからスタートした新しいワーグナー《ニーベルングの指環》4部作の上演を完結させるのは難しいという。新しい《指環》はリチャード・ジョーンズが新演出を手掛けており、2022/2023シーズンは第1弾の《ワルキューレ》に続いて第2弾の《ラインの黄金》が登場している。

一方、そんな状況に頭を抱えているのが、ENOとの共同制作で2025/2026シーズンから上演をスタートさせる予定でいたニューヨークのメトロポリタン歌劇場。ピーター・ゲルブ総裁はAP通信の取材に対して「ENOが制作を続けられる状況にない以上、彼らと一緒に制作を行うことは明らかに不可能だ」と、諦めの境地にいる。

メトロポリタン歌劇場では現在、2010年からロベール・ルパージュ演出によるプロダクションを上演している。ただ、これはこれで45トンの巨大なセットを動かす必要があり、頻発する不具合などから約1600万ドル(約20億5,900万円)もの負担を強いられているだけに、ゲルブ総裁のイライラは募るばかり。

写真:English National Opera


関連記事

  1. ヘルシンキ発 〓 シベリウス・コンクールがロシア人二人の参加を取消

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  3. 訃報 〓 ラインベルト・デ・レーウ(81)オランダの指揮者、ピアニスト、作曲家

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが《マゼッパ》の公演を断念、新型コロナで主役降板

  5. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  6. ストックホルム発 〓 ドロットニングホルム宮廷劇場が27日からヘンデル《アグリッピナ》をストリーミング配信

  7. マドリード発 〓 あのエムバペが来秋、フルート奏者としてスペインでコンサート・デビュー

  8. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ヘルシンキ発 〓 シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールが開催延期を発表

  10. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル管、ボリショイ劇場の音楽監督を辞任。ロシアのウクライナ侵略で態度表明求められ

  11. ペララーダ発 〓 スペインのペララーダ城音楽祭が中止を発表

  12. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  13. 大阪発 〓 藤岡幸夫&関西フィル、ライブ録音によるシベリウスの交響曲全集をリリース

  14. コペンハーゲン発 〓 デンマークがファビオ・ルイージに「ダネブロー騎士勲章」ナイト章を授与

  15. ウィーン発 〓 国立バレエの芸術監督にアレッサンドラ・フェリ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。