ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

2020/09/17

ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(London Philharmonic Orchestra)が17日、2021年1月末から2月初旬にかけて予定していたワーグナー《ニーベルングの指環》全4部作の通し上演を断念すると発表した。英国政府の新型コロナ規制をクリアしながらの公演が難しいという。

通し上演は、首席指揮者のウラディーミル・ユロフスキ(Vladimir Jurowsky)が指揮する予定だったもの。セミ・ステージ・スタイルで、1月25日から通し上演を2回繰り返すことになっていた。2021/2022シーズンからバイエルン州立歌劇場の音楽総監督に就任するユロフスキにとっても大きなプロジェクトだった。

[ラインの黄金] 1月25日・2月5日
 ヴォータン:デレク・ウェルトン
 アルベリヒ:ロバート・ヘイワード
 ローゲ:クリスティアン・エルスナー
 ファーゾルト:アンドリー・ゴンジュコフ
 ファーフナー:アンドリュー・ハリス
 ミーメ:エイドリアン・トンプソン
 フリッカ:カイ・リューテル
 エルダ:パトリシア・バードン
 フライア:イヴォナ・ソボトカ
 フロー:アラン・クレイトン
 ドンナー:ボリス・ピンハソヴィチ
 ヴォークリンデ:アリーナ・アダムスキー
 ヴェルグンデ:エリザベス・アサートン
 フロースヒルデ:アンハラード・リドン

[ワルキューレ] 1月27日・2月6日
 ジークムント:ブルクハルト・フリッツ
 ジークリンデ:ルクサンドラ・ドノーセ
 フンディング:ブラインドリー・シャラット
 ヴォータン:マシュー・ローズ
 フリッカ:カイ・リューテル
 ブリュンヒルデ:Svetlana Sozdateleva
 ゲルヒルデ:ナターリャ・ロマニウ
 ヘルムヴィーゲ:シネイド・キャンベル=ウォレス
 オルトリンデ:Gabriela Iştoc
 ヴァルトラウテ:クレア・バーネット=ジョーンズ
 ジークルーネ:Angela Simkin
 ロスヴァイセ:ウォリス・ジュンタ
 シュヴェルトライテ:クラウディア・ハックル
 グリムゲルデ:レイチェル・ロイド


[ジークフリート] 1月28日・2月8日
 ジークフリート:トルステン・ケール
 ミーメ:エイドリアン・トンプソン
 さすらい人:未定
 アルベリヒ:ロバート・ヘイワード
 ファーフナー:アンドリュー・ハリス
 ブリュンヒルデ:エレナ・パンクラトヴァ
 エルダ:パトリシア・バードン
 森の小鳥:アリーナ・アダムスキー


[神々の黄昏] 1月31日・2月10日
 ジークフリート:トルステン・ケール
 グンター:スティーヴン・ガッド
 ハーゲン:ブリンドリー・シェラット
 アルベリヒ:ロバート・ヘイワード
 ブリュンヒルデ:リーゼ・リンドストローム
 グートルーネ:アンナ・サムイル
 ヴァルトラウテ:カイ・リューテル
 第1のノルン:アンハラード・リドン 
 第2のノルン:ウォリス・ジュンタ
 第3のノルン:エリザベス・アサートン


写真:London Philharmonic Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  2. パリ発 〓 医療従事者の写真をバスティーユ歌劇場の壁面に、パリ国立オペラ

  3. ミラノ発 〓 スカラ座が再開場

  4. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  5. クリスチャンサン発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがクリスチャンサン響との契約を延長

  6. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  7. パリ発 〓 マイケル・バレンボイムがミケランジェロ弦楽四重奏団のメンバーに、今井信子の後任

  8. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  9. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク復活祭音楽祭が過去の公演をストリーミング配信

  10. ロサンゼルス発 〓 第62回「グラミー賞」決まる

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

  13. ロサンゼルス発 〓 第92回「アカデミー賞」の作曲賞に『ジョーカー』のヒドゥル・グドナドッティル

  14. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  15. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。