フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

2020/07/07

フィレンツェ歌劇場(Teatro del Maggio Musicale Fiorentino)の2020/2021シーズンの新しい公演ラインナップが発表された。その中で、指揮者のジェームズ・レヴァイン(James Levine)が起用されることが明らかになった。

新シーズンの開幕公演は8月30日、ヴェッキオ宮殿前のシニョリーア広場(Piazza della Signoria)で、ズービン・メータがヴェルディのレクイエムを指揮する。

新シーズンにはリッカルド・ムーティらに加え、レヴァインが登場する。2021年1月にベルリオーズの《ファウストの劫罰》、ブラームスの《ドイツ・レクイエム》、モーツァルトの後期三大交響曲などを指揮する。

レヴァインは現在、77歳。1970年代から40年間にわたってメトロポリタン歌劇場の音楽監督・芸術監督を務めたが、過去の男性音楽家に対するセクハラ行為から2018年3月に解雇された。以来、指揮台に立っていない。

一時は解雇をめぐって歌劇場と訴訟合戦になったが、裁判開始前の2019年8月に和解が成立している。

写真:Michael J. Lutch / Boston Symphony Orchestra

    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ローマ発 〓 イタリアの劇場は8日まで閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  2. クリーブランド発 〓 クリーブランド管がセクハラ認定、コンサートマスターと首席トロンボーンを解任

  3. ハンブルク発 〓 第1回「ジェフリー・テイト」賞に若手ヴィオラ奏者のティモシー・リダウト

  4. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム, イギリスのギタリスト

  5. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  7. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  8. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  9. 訃報 〓 ロランド・パネライ, イタリアのバリトン歌手

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、2021年は中止

  11. ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

  12. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第11週、第12週のラインナップ発表

  14. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョのトップ3が相次いで辞任

  15. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。