ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

2020/02/12

2020年の「ポーラー音楽賞=Polar Music Prize」にロシアのソプラノ歌手アンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)が選ばれた。現地時間の2月11日、ストックホルム市庁舎で授賞委員会から発表された。ネトレプコは1971年、ロシア南部クラスノダール生まれの48歳。サンクト・ペテルブルク音楽院で声楽を学び、1993年に声楽界の登竜門グリンカ声楽コンクールで第1位を獲得、1994年にサンクト・ペテルブルクのマリインスキー劇場で《フィガロの結婚》のスザンナ役を歌ってデビューした。

その後、歌唱力、演技力、美貌でオペラ界を席巻。人気ナンバーワンのソプラノとして活躍を続けている。昨年は《アイーダ》や《アドリアーナ・ルクヴルール》のタイトル・ロール、《マクベス》のマクベス夫人の歌唱で話題を集め、年末のミラノ・スカラ座の開幕公演《トスカ》でもタイトル・ロール役に起用された。また、年明けの1月にはバイエルン州立歌劇場で《トゥーランドット》のタイトル・ロール役に初めて挑戦、高い評価を集めたばかり。

音楽賞は1989年、スウェーデンの人気グループ「ABBA」のマネージャー、作詞家を務め、音楽出版社を経営するスティグ・アンダーソン(Stig Anderson)が設立。1992年に最初の受賞者が選ばれ、クラシック界とポップス界からそれぞれ1名ずつ選ばれることが多い。昨年はクラシック音楽界からアンネ=ゾフィー・ムター(Anne-Sophie Mutter)が選ばれている。授賞式は6月9日にストックホルムで行われ、受賞者には100万スウェーデン・クローナ(約1200万円)の賞金が授与される。

写真:Kirk Edwards

関連記事

  1. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  2. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  3. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  4. 訃報 〓 ガブリエル・フムラ, ポーランドの指揮者

  5. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  6. グシュタード発 〓 メニューイン音楽祭が中止を発表

  7. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  8. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアがこの冬の《ニーベルングの指環》の新製作を断念

  9. シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

  10. ウィーン発 〓 ウィーン放送響が中国、韓国ツアーを中止

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  12. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  13. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  14. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. 東京発 〓 新国立劇場の無料ストリーミング「巣ごもりシアター」が第2弾のラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。