ヴュルツブルク発 〓 メゾ・ソプラノのヴァルトラウト・マイヤーが引退コンサート

2023/04/06

世界的な活躍を続けてきたメゾ・ソプラノのヴァルトラウト・マイヤー(Waltraud Meier)が1日、ドイツ・ヴュルツブルクで引退コンサートを行った。会場のヴュルツブルク市立劇場はマイヤーがプロ歌手としてのキャリアをスタートさせたゆかりの場所。

マイヤーはヴュルツブルクで生まれの67歳。地元で学んだ後、1976年にヴュルツブルク歌劇場の《カヴァレリア・ルスティカーナ》のローラ役としてプロ・デビュー。1980年にブエノスアイレスのコロン劇場で《ワルキューレ》のフリッカ役として国際的な初舞台を踏んだ。

その後、1983年のバイロイト音楽祭《パルジファル》クンドリー役の成功で国際的な檜舞台へ。その後、1985年にロンドンのロイヤル・オペラ、1987年にはニューヨークのメトロポリタン歌劇場と、著名な劇場へのデビューが続いた。

ワーグナー歌いとしての評価は高く、バイロイト音楽祭には定期的に出演。クンドリー役の他、2000年にはユルゲン・フリムが新選出を手掛けた「ミレニアム・リング」では《ワルキューレ》にはジークリンデ役で出演。この年、ザルツブルク音楽祭でロリン・マゼール指揮でイゾルデも演じている。また、2003年には、ダニエル・バレンボイムの指揮で、ヴェーヌス役を歌った《タンホイザー》の録音が米国のグラミー賞「ベスト・オペラ録音部門を受賞している。

1日の引退コンサートは、ワーグナーとリヒャルト・シュトラウスを中心としたプログラム。その後、東京でのリサイタル、ベルリン州立歌劇場の《エレクトラ》への出演が残るが、マイヤーは引退後にオーストリア・クラーゲンフルトでオッフェンバックをテーマにした新しい音楽祭を主宰することを既に発表している。

写真:BR


関連記事

  1. ジュネーブ発 〓 ジュネーブ国際コンクールのフルート部門はエストニア出身のエリザヴェータ・イヴァノヴァが優勝

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場がアーカイブを毎日ストリーミング配信、公演休止中の4月2日までは無料で

  3. ロンドン発 〓 ロンドン響が2024/2025シーズンを発表、アントニオ・パッパーノ体制がスタート

  4. ザルツブルク発 〓 1592年にオープンの老舗楽譜店が閉店

  5. ルツェルン発 〓 延期されていたアンドラーシュ・シフのコンサートの中止決定、新型コロナウイルスの感染拡大止まず

  6. 東京発 〓 第34回「高松宮殿下記念世界文化賞」の音楽部門に米国のトランペッター、ウィントン・マルサリス

  7. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  8. ロンドン発 〓 アンドルー・ロイド・ウェバーの新作ミュージカル《シンデレラ 》の開幕を延期

  9. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が新制作の《マノン》をストリーミング配信

  10. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表、カステルッチの新演出による《ニーベルングの指環》が登場

  11. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ワルシャワ発 〓 オペラ賞「オペラ・アワード2023」の年間賞が決定

  13. ドレスデン発 〓 名指揮者ケンペの遺品が古巣のザクセン州立歌劇場へ

  14. ストックホルム発 〓 アンナ・ネトレプコに「ポーラー音楽賞」

  15. ロンドン発 〓 「オペラ・アワーズ」2021を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。