ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

2020/04/25

ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル=Thomaskantor」が募集をしている。「トーマスカントル」は、ライプツィヒの聖トーマス教会の音楽監督職。作曲家のヨハン・セバスチャン・バッハ(Johann Sebastian Bach)も1723年から1750年まで務め、墓もこの教会にある。

募集しているのは、2016年から「トーマスカントル」を務めてきたバス歌手で指揮者のゴットホルト・シュヴァルツ(67)の後任。彼の任期は2021年6月31日で終了する。最終的に候補者は3人に絞られ、年末までに市議会に提出される予定。

聖トーマス教会はルター派の教会で、ドイツ福音主義教会に加盟しているザクセン福音ルター派州教会の一つ。ルターは1539年、この教会で説教を行っている。

写真:Bachfest Leipzig / Jens Schlüter


関連記事

  1. ルツェルン発 〓 ルツェルン響の次期首席指揮者にミヒャエル・ザンデルリング

  2. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  3. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  4. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム, イギリスのギタリスト

  5. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  6. ウィーン発 〓 楽友協会がウィーン・フィルのコンサート・スケジュールを発表

  7. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  8. カーディフ発 〓 BBCウェールズ・ナショナル管の次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  9. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  10. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  11. 訃報 〓 ジョセフ・ブルバ, チェコ出身のピアニスト

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

  13. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルの活動再開は2021年1月

  14. オスロ発 〓 オスロ・フィルがラウス・マケラとの契約を更新、首席指揮者就任前の異例の延長

  15. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。