訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ, イタリアのテノール歌手

2020/05/18
【最終更新日】2020/05/19

イタリアのテノール歌手アンジェロ・ロ・フォレーゼ(Angelo Lo Forese)が5月14日、老衰のためミラノで亡くなった。100歳だった。90歳を過ぎて高音の「ハイC」を披露して“奇跡のテノール”として話題を集めたことで知られる。

ミラノの生まれで、ミラノ音楽院でバス歌手として学び始めたが、第二次世界大戦の激化でスイスに移住。戦後、イタリアに戻って改めて声楽を学び、1948年に《道化師》のシルヴィオ役でバリトン歌手としてデビューした。

その後、アウレリアーノ・ペルティレ、エミーリオ・ギラルディーニに師事してテノールに転身。まず《イル・トロヴァトーレ》のマンリーコ役で大成功を収めた。以後、リリコ・スピントのテノールとして、ミラノ・スカラ座を中心に欧米、南米の主要な歌劇場に出演を重ねた。

先輩のマリオ・デル・モナコや同世代のジュゼッペ・ディ・ステーファノ、フランコ・コレッリと並んでイタリア・オペラの黄金期を支え、ヴェルディ、プッチーニ、ヴェリズモ・オペラまで幅広いレパートリーを誇った。「愛の妙薬」から「オテッロ」までテノールのすべての役を歌った唯一のテノール歌手としても知られる。

1961年には、「第3次イタリア歌劇団公演」で来日。《カヴァレリア・ルスティカーナ》でトゥリッドゥを歌い、ジュリエッタ・シミオナートと共演している。

再び脚光を浴びたのは、この10年ほど。弟子を前に見事な高音を出すレッスンの投稿動画が話題を集め、2009年、2012年に来日して元気なところを披露している。

2017年からミラノで彼の名を冠した声楽コンクールも行われていた。

写真:Loforese Competition











関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  2. 東京発 〓 第3弾のラインナップを発表、新国立劇場の「巣ごもりシアター」

  3. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  4. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  5. ノヴァーラ発 〓 名門「グイード・カンテルリ国際指揮者コンクール」が復活

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場管が2021年の夏にヨーロッパ・ツアー

  7. 訃報 〓 バリー・タックウェル, オーストラリアのホルン奏者

  8. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  9. 訃報 〓 ケネス・ギルバート, カナダ出身のチェンバロ奏者

  10. 訃報 〓 チャールズ・ウォリネン, 米国の作曲家

  11. フィレンツェ発 〓 ペレイラがフィレンツェ歌劇場の総裁に

  12. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  13. モスクワ発 〓 ロシアも連邦機関、博物館、劇場を閉鎖

  14. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  15. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。