訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ, イタリアのテノール歌手

2020/05/18
【最終更新日】2020/05/19

イタリアのテノール歌手アンジェロ・ロ・フォレーゼ(Angelo Lo Forese)が5月14日、老衰のためミラノで亡くなった。100歳だった。90歳を過ぎて高音の「ハイC」を披露して“奇跡のテノール”として話題を集めたことで知られる。

ミラノの生まれで、ミラノ音楽院でバス歌手として学び始めたが、第二次世界大戦の激化でスイスに移住。戦後、イタリアに戻って改めて声楽を学び、1948年に《道化師》のシルヴィオ役でバリトン歌手としてデビューした。

その後、アウレリアーノ・ペルティレ、エミーリオ・ギラルディーニに師事してテノールに転身。まず《イル・トロヴァトーレ》のマンリーコ役で大成功を収めた。以後、リリコ・スピントのテノールとして、ミラノ・スカラ座を中心に欧米、南米の主要な歌劇場に出演を重ねた。

先輩のマリオ・デル・モナコや同世代のジュゼッペ・ディ・ステーファノ、フランコ・コレッリと並んでイタリア・オペラの黄金期を支え、ヴェルディ、プッチーニ、ヴェリズモ・オペラまで幅広いレパートリーを誇った。「愛の妙薬」から「オテッロ」までテノールのすべての役を歌った唯一のテノール歌手としても知られる。

1961年には、「第3次イタリア歌劇団公演」で来日。《カヴァレリア・ルスティカーナ》でトゥリッドゥを歌い、ジュリエッタ・シミオナートと共演している。

再び脚光を浴びたのは、この10年ほど。弟子を前に見事な高音を出すレッスンの投稿動画が話題を集め、2009年、2012年に来日して元気なところを披露している。

2017年からミラノで彼の名を冠した声楽コンクールも行われていた。

写真:Loforese Competition











関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ウクライナ人演奏家集めた「フリーダム・オーケストラ」が欧米をツアー

  2. 訃報 〓 エライジャ・モシンスキー, オーストラリアの演出家

  3. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場がストリーミング第2週のラインナップを発表、新制作の《ドン・ジョヴァンニ》もライブ配信

  5. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場管が2021年の夏にヨーロッパ・ツアー

  6. 浜松発 〓 浜松国際ピアノ・コンクールが第11回の開催中止を発表

  7. タンペレ発 〓 サントゥ=マティアス・ロウヴァリが2022/2023でタンペレ・フィルの芸術監督兼首席指揮者を退任

  8. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  9. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  10. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  11. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  12. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日に《皇帝ティートの慈悲》の公演で再開場、公演のストリーミング配信も

  13. 香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

  14. モスクワ発 〓 若手歌手のためのコンクール「オペラリア」が閉幕

  15. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

    • 鈴木沙羅

    記事ご苦労様です。ありがとうございます。
    老衰でなくなりました。
    >その後、アウレリアーノ・ペルティレ、エミリオ・ジラルディーニに師事
    の箇所ですが、エミーリオ・ギラルディーニ と彼は発音していました。
    ジ を ギ に替えて頂ければより正確になります。

    >2012年には来日して元気なところを披露している。
    2009年にも招聘しておりますので、 2009年、2012年として頂ければ完璧です。
    鈴木沙羅

  1. この記事へのトラックバックはありません。