ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/15

ドイツ・ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場(Bayerische Staatsoper)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新制作は、世界初演となるルカ・フランチェスコーニの《アテネのタイモン》、ミロスラフ・スルンカの《シンギュラリティ》を含む8作品。

フランチェスコーニはイタリアの作曲家で1956年の生まれ。スルンカはチェコの作曲家で1975年の生まれ。バイエルン州立歌劇場では2016年にオペラ《南極点》が初演されている。

ヴァルター・ブラウンフェルス(1882-1954)はフランクフルト出身のドイツの作曲家で、1920年代にはリヒャルト・シュトラウスやフランツ・シュレーカーとともにドイツを代表するオペラ作曲家と目されていた。

しかし、ユダヤ系であったことから1933年にナチス・ドイツによって公職を追われ、その音楽には「退廃音楽」の烙印を押された。《鳥たち》は代表作の一つで、3番目のオペラ。1920年にブルーノ・ワルターの指揮でミュンヘンで初演されたゆかりの作品。

2020/2021シーズンは、2008/2009シーズンから劇場を率いてきた総監督のニコラウス・バッハラー、音楽総監督のキリル・ペトレンコのコンビにとって最後のシーズン。2021/2022シーズンからは総監督にセルジュ・ドルニー、音楽総監督にはウラディーミル・ユロフスキがそれぞれ就任することが決まっている。

ドイツ物では、リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》とワーグナー《トリスタンとイゾルデ》が新制作される。それぞれ、演出はバリー・コスキーとクリストフ・ワリコフスキ。


ブラウンフェルス《鳥たち》
10月31日 →
指揮:インゴ・メッツマッハー
演出:フランク・カストルフ
出演:チャールズ・ワークマン / キャロライン・ウェッターグリーン / ミヒャエル・ナジ / ヴォルフガング・コッホ

ルカ・フランチェスコーニ《アテネのタイモン》 = 世界初演
11月29日 →
指揮:ケント・ナガノ
演出:アンドレアス・クリーゲンブルク
出演:トビー・スペンス / ヨッヘン・クプファー / エイドリアン・アンジェリコ / ニコライ・シューコフ

ウェーバー《魔弾の射手》
2021年2月7日 →
指揮:アントネッロ・マナコルダ
演出:ドミトリー・チェルニャコフ
出演:ゴルダ・マティアス・シュルツ / パヴェル・チェルノフ / アンナ・プロハスカ / カイル・ケテルセン

リヒャルト・シュトラウス《薔薇の騎士》
2021年3月13日 →
指揮:ウラディーミル・ユロフスキ
演出:バリー・コスキー
出演:マーリス・ペーターゼン / クリストフ・フィッシェッサー / サマンサ・ハンキー / カタリナ・コンラディ

アリベルト・ライマン《リア》
2021年5月23日 →
指揮:ユッカ=ペッカ・サラステ
演出:クリストフ・マルターラ
出演:クリスティアン・ゲルハーヘル / ハンナ=エリーザベト・ミュラー / アンゲラ・デノケ / アウシュリネ・ストゥンディーテ

ミロスラフ・スルンカ《シンギュラリティ》 = 世界初演
2021年6月11日 →
出演:オペラ・スタジオのメンバー

ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》
2021年6月29日 →
指揮:キリル・ペトレンコ
演出:クリストフ・ワリコフスキ
出演:ヨナス・カウフマン / アニヤ・ハルテロス / ミカ・カレス / ヴォルフガング・コッホ / オッカ・フォン・デル・ダメラウ
(ミュンヘン・オペラ・フェスティバルでの上演)

モーツァルト《イドメネオ》
2021年7月19日 →
指揮:コンスタンティノス・カリーディス
演出:アントゥ・ロメロ・ヌネス
出演:マシュー・ポレンザーニ / オルガ・クルチンスカ / エミリー・ダンジェロ / ハンナ=エリーザベト・ミュラー
(ミュンヘン・オペラ・フェスティバルでの上演)

写真:Bayerische Staatsoper / Wilfried Hösl


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  2. ミュンヘン発 〓 青木尚佳がミュンヘン・フィルのコンサートマスターに

  3. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム, イギリスのギタリスト

  4. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  5. ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル発 〓 ブランデンブルク響の首席指揮者にオリヴィエ・タルディ

  6. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  8. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  9. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  10. ブカレスト発 〓 国立歌劇場のスタッフが新型コロナウイルスに感染、当面の公演をキャンセル

  11. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団が中国公演を中止

  12. ザルツブルク発 〓 聖霊降臨祭音楽祭が開催中止を発表

  13. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  14. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  15. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。