訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

2019/11/11

オーストリアの指揮者ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト(Werner Andreas Albert)が84歳で亡くなった。アルベルトは1935年、ドイツ・ヴァインハイムの生まれ。ハイデルベルク大学で音楽学と歴史学を学ぶかたわら、ヘルベルト・フォン・カラヤンとハンス・ロスバウトに指揮法を学んだ。

1961年にハイデルベルク室内管弦楽団を振って指揮者デビュー。1963年に北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任し、1971年からはリスボンのグルベンキアン管弦楽団の首席指揮者に転じた。その後、1974年から1980年までニュルンベルク交響楽団の首席指揮者に。1983年から1990年までクィーンズランド交響楽団の首席指揮者を務め、1993年にはクィーンズランド・フィルハーモニー管弦楽団に転じて顧問となり、1995年から1998年まで首席指揮者。

1990年代末にオーストリア国籍を取得。ラジオ放送のための録音を数多く残しており、ヒンデミット、コルンゴルト、フィッツナー、フランケルのオーケストラ音楽の録音など、その数は600を超える。日本では、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団に客演している。

写真:Nordwestdeutschen Philharmonie

関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第3週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《パルジファル》も

  2. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  3. ウィーン発 〓 2022年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はバレンボイム

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、新制作の《パルジファル》の上演を延期

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新しいストリーミング・サービスを開始

  6. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  8. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  9. ザルツブルク・モーツァルト週間 〓 ロバート・ウィルソン演出の《メサイア》で2020年の音楽祭が開幕

  10. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  11. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場など、オーストリアの劇場閉鎖は3月末までに延長

  12. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 早くも2022年のプログラムを発表、オペラは《ローエングリン》

  13. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  14. ウィーン発 〓 フルートのカレッドゥ、ウィーン・フィルの依頼を快諾

  15. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。