ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

2020/03/24

ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(Gewandhausorchester Leipzig)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

最大の話題は、2021年5月に行う「マーラー・フェスティバル」。世界的なオーケストラ10団体が出演し、マーラーの交響曲全曲演奏に取り組む。

また、新シーズンは生誕250年のベートーヴェン、没後50年のストラヴィンスキーに焦点を当て、「レジデンス・アーティスト」はソフィア・グバイドゥーリナが選ばれている。

首席指揮者のアンドリス・ネルソンスと進めているブルックナーの交響曲全曲録音も継続され、ブルックナーの後期交響曲を中心にしたプログラムで、2021年2月末に日本公演(26日、27日、28日に東京公演)、3月に初旬に韓国ツアーを行うことも明らかになった。

5月の「マーラー・フェスティバル」の詳細は以下の通り。

13日:交響曲第2番《復活》
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(アンドリス・ネルソンス指揮)
・ファン・イン
・ベルナルダ・フィンク

14日:交響曲第2番《復活》
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(アンドリス・ネルソンス指揮)

15日:交響曲第5番 / 歌曲集《亡き子をしのぶ歌》
ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団(ファビオ・ルイージ指揮)
・ペーテル・マッテイ

16日:交響曲第6番《悲劇的》
ロンドン交響楽団(サイモン・ラトル指揮)

16日:交響曲第9番
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(キリル・ペトレンコ指揮)

17日:交響曲第3番
バイエルン放送交響楽団(ヤクブ・フルシャ指揮)
・ゲルヒルト・ロンベルガー

18日:交響曲第10番(クック版)
グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団(ダニエレ・ガッティ指揮)

19日:交響曲第4番 / 交響曲《大地の歌》
ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団(ワレリー・ゲルギエフ指揮)
・アンナ・ルチア・リヒター
・エリーザベト・クールマン
・アンドレアス・シャーガー

20日:交響曲第1番《巨人》 / 《フリードリヒ・リュッケルトによる5つの歌曲》
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(ダニエル・ハーディング指揮)
・トーマス・ハンプソン

21日:交響曲第8番《千人の交響曲》
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(アンドリス・ネルソンス指揮)
・エリン・ウォール
・ジャクリーン・ワグナー
・ファン・イン
・リオバ・ブラウン
・ベルナルダ・フィンク
・パヴェル・チェルノフ
・アドリアン・エレート
・ゲオルク・ツェッペンフェルト

22日:交響曲第7番《夜の歌》
ドレスデン・シュターツカペレ(アントニオ・パッパーノ指揮)

23日:交響曲第8番《千人の交響曲》
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(アンドリス・ネルソンス指揮)

23日:カンタータ《嘆きの歌》 / 歌曲集《さすらう若者の歌》 / 交響詩《葬礼》
MDR交響楽団(マルクス・スタンツ指揮)
・チェン・レイス
・ゾフィー・ ハルムゼン
・アッティリオ・グレイサー
・ミヒャエル・ヴォッレ

24日:交響曲第8番《千人の交響曲》
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(アンドリス・ネルソンス指揮)

写真:Gewandhausorchester Leipzig / Gert Mothes


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  2. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」のノミネート録音を発表、10日から投票始まる

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月19日に再開場

  4. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場でもオーケストラがストライキに突入、《椿姫》の最終公演はメータがピアノを指揮

  5. バルセロナ発 〓 ロメア劇場が新しいロッシーニ・フェスティバル

  6. カーディフ発 〓 BBCカーディフ国際声楽コンクールで韓国出身のキム・ギフンが優勝

  7. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  9. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  10. ジュネーブ発 〓 スイス・ロマンド管弦楽団がジョナサン・ノットとの契約を延長、任期に期限なし

  11. トビリシ発 〓 ヴァイオリンのバティアシュヴィリが母国ジョージアに若い音楽家を支援するための財団を設立

  12. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  13. クリーブランド発 〓 クリーブランド管が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  15. 東京発 〓 日本フィルの首席客演指揮者にシンガポール出身のカーチュン・ウォン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。