ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/03/25

ベルリンのコーミッシェ・オーパー(Komische Oper Berlin)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。

新シーズンはクルト・ワイル(Kurt Weill)に焦点を当てたのが特徴。新制作は以下の通り。

コーミッシェ・オーパーは第2次大戦後の1947年、伝説的なオーストリアの演出家ヴァルター・フェルゼンシュタイン(Walter Felsenstein)によって、東ベルリンに創設されたオペラ・ハウス。

最後の改修工事が行われたのは1960年代で、建物の老朽化が進んでいるため、2億2700万ユーロをかける全面改装を行う構想が浮上している。

改修工事は2023年から閉館してスタート、2027年の再開場をめざす。工事期間中はシラー劇場で公演を行う予定。


ヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》
9月26日 →
演出:Jetske Mijnssen
指揮:ギードレ・シュレカイテ

ワイル《トム・ソーヤーの冒険》
11月1日 →
演出:カイ・ティーチェ
指揮:トビアス・リビツキ

ワイル《マハゴニー市の興亡》
12月5日 →
演出:バリー・コスキー
指揮:アイナルス・ルビキス

ヨハン・シュトラウス2世《ジプシー男爵》
1月30日 →
演出:トビアス・クラッツァー
指揮:ステファン・ゾルテス

ワイル《銀の湖》= コンサート形式
2月10日 →
演出:ティロ・ネスト
指揮:ハインツ・カール・グルーバー

ラモー《レ・ボレアド》
3月27日 →
演出:バリー・コスキー
指揮:コンラート・ユングヘーネル

エネスク《エディプス王》
5月14日 →
演出:エフゲニー=チトフ
指揮:アイナルス・ルビキス

オッフェンバック《地獄のオルフェ》
6月5日 →
演出:バリー・コスキー
指揮:アドリアン・ペルション

写真:Komische Oper Berlin / Jan Windszus


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ユーリ・アルペルテン, エストニアの指揮者

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  3. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭も開催断念、ストリーミング配信をスタート

  4. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  6. トーレ・デル・ラーゴ発 〓 プッチーニ・フェスティバル開催決定

  7. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  8. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが5月いっぱい閉鎖、「マーラー音楽祭」もお流れ

  9. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  10. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  11. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  12. ローマ発 〓 ガッティが「共和国記念日」を祝うコンサートを指揮

  13. モントリオール発 〓 モントリオール響が空港の駐車場でコンサート

  14. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  15. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。