ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

2019/09/27
【最終更新日】2019/10/17

テノール歌手ヴィットリオ・グリゴーロ(Vittorio Grigolo)がロイヤル・オペラ・ハウス(Royal Opera House)日本公演で、最終日の出演をキャンセルした本当の理由は、日本公演中のセクシャル・ハラスメント行為にあったと欧米のメディアが報じている。グリゴーロは今回、日本公演の《ファウスト》に出演。12日、15日、18日に東京文化会館で行われた公演には出演していたが、最終公演22日の神奈川県民ホールの公演は体調不良を理由に降板した。

欧米での報道によると、グリゴーロによるセクハラ行為が行われたのは、それに先立つ、18日の公演時。コーラスの女性メンバーの身体をまさぐったとされ、ステージ上にいた他の出演者からその行為に対して公演中に抗議も受けたとされる。被害者からの訴えを受けて、ロイヤル・オペラ・ハウスはその後の横浜公演への出演を禁止し、急きょゲオルギー・ヴァシリエフを日本に呼んで代役に立てたという。

ロイヤル・オペラ・ハウスは日本公演終了後、声明を発表。その行為に対する調査委員会を既に起ち上げており、調査結果が出るまでは予定されている彼の出演をすべて取り消すことを決めていること明らかにした。また、ロイヤル・オペラ・ハウスの決定を受け、26日になってニューヨークのメトロポリタン歌劇場も、調査結果が出るまで彼の出演を見合わせるとする声明を出した。グリゴーロはこの後、10月1日からミラノ・スカラ座の《愛の妙薬》、22日からはウィーン国立歌劇場の《ウエルテル》への出演が予定されている。

写真:Royal Opera House / Rii Schroer


関連記事

  1. 訃報 〓 エリオ・ボンコンパーニ, イタリアの指揮者

  2. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  3. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー, 英国の演出家

  4. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが“ドライブイン・オペラ”

  5. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  6. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  7. 訃報 〓 マーティン・ロヴェット, 英国のチェロ奏者・アマデウス弦楽四重奏団のメンバー

  8. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴがロサンゼルス・オペラの総監督を辞任

  9. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  10. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  11. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  12. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  13. ロンドン発 〓 グラインドボーン音楽祭も開催断念、ストリーミング配信をスタート

  14. ニューヨーク発 〓 映画『The Song of Names』、北米での公開始まる

  15. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。