ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/05/14

ウィーンのアン・デア・ウィーン劇場(Theater an der Wien)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。開幕を飾るのは、カヴァリエーリの《魂と肉体の表現》で、ジョヴァンニ・アントニーニの指揮。新演出を手掛けるのはロバート・カーセン。

9月19日ー29日
カヴァリエーリ《魂と肉体の表現》
指揮:ジョヴァンニ・アントニーニ
演出:ロバート・カーセン
出演:アネット・フリッチュ / シリル・オヴィティ / フローリアン・ベッシュ / ゲオルク・ニグル


10月16日ー25日
ブリテン《ピーター・グライムズ》
指揮:トーマス・グガイス
演出:クリストフ・ロイ
出演:エリック・カトラー  / アグネタ・アイヒェンホルツ / アンドリュー・フォスター=ウィリアムズ / ハンナ・シュヴァルツ


11月12日ー25日
カタラーニ《ラ・ワリー》
指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ
演出:バルボラ・ホラーコヴァー
出演:イザベラ・マトゥーラ  / レオナルド・カパルボ / ジャック・インブライロ / アラステア・マイルズ


12月14日ー31日
ヘンデル《エジプトのジュリアス・シーザー》
指揮:アイヴァー・ボルトン
演出:キース・ウォーナー
出演:ベジュン・メータ / ルイーズ・オルダー / クリストフ・デュモー / パトリシア・バードン / ギュンター・グロイスベック


2022年
1月18日ー30日
プッチーニ《トスカ》
指揮:インゴ・メッツマッハー
演出:マルティン・クシェイ
出演:クリスティーネ・オポライス / ジョナサン・テテルマン / ガボール・ブレッツ


2月16日ー28日
ヤナーチェク《イェヌーファ》
指揮:マルク・アルブレヒト
演出:ロッテ・デ・ベア
出演:スヴェトラーナ・アクショーノワ / ニーナ・シュテンメ / パーヴォル・ブレスリク / パヴェル・チェルノフ / ハンナ・シュヴァルツ / ゾルターン・ナジ


写真:Theater an der Wien


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが「ヨーロッパ・コンサート」の開催地を変更、ウクライナのオデーサからラトビアのリエパーヤへ

  2. ローマ発 〓 ボチェッリが新型コロナウイルス感染を明らかに

  3. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが新制作の《ホフマン物語》の上演を延期、コロナ禍で

  4. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  6. ローマ発 〓 イタリア、再びロックダウンへ

  7. ミュンヘン発 〓 パトリック・ハーンがミュンヘン放送管の首席客演指揮者に

  8. 訃報 〓 ユルゲン・フリム(81)ドイツの演出家

  9. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  10. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  11. ベオグラード発 〓 準・メルクルの投稿、思わぬ波紋

  12. シカゴ発 〓 リリック・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. マドリード発 〓 カウフマンとラドヴァノフスキーがともにアリアを再度熱唱、同一舞台で二人はテアトロ・レアル初

  14. 東京発 〓 東京二期会が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  15. コペンハーゲン発 〓 クリストフ・エッシェンバッハがコペンハーゲン・フィルの名誉客演指揮者に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。