訃報 〓 バリー・タックウェル, オーストラリアのホルン奏者

2020/01/18

オーストラリアのホルン奏者バリー・タックウェル(Barry Tuckwell)が16日に亡くなった。88歳だった。メルボルン生まれで現地で音楽教育を受けた後、1950年に英国に移住し、1955年にロンドン交響楽団に入団、首席奏者を13年間務めた。退団後はソリスト、指揮者としても活躍。1970年から1976年に国際ホルン協会の初代会長を含め、さらに1992年から1994年にかけて会長を務めた。50を超える録音を残し、米国グラミー賞に3度ノミネートされている。

父親はオルガニストで、幼い頃からピアノ、バイオリン、オルガンを学び、シドニー音楽院でホルンを学んだ。15歳でメルボルン交響楽団の第3ホルンになり、その1年後、指揮者のユージン・グーセンスに誘われてシドニー交響楽団で首席奏者を3年半務めた。英国に移住すると、名指揮者のジョン・バルビローリに見出されてハレ管弦楽団の首席奏者に。また、名ホルン奏者のデニス・ブレインとの出会いに大きな影響を受けたという。

その後、スコッティッシュ・ナショナル管弦楽団、ボーンマス交響楽団を経て、ロンドン交響楽団に。在籍中は理事会に選出され、理事会の議長を6年間務めた。1965年には「大英帝国勲章OBE」に叙せられている。退団後はソロ活動のかたわら、同時にロンドンの王立音楽院、メルボルン大学で後進の指導に当たった。1980年、母国オーストラリアに。それから4年間、タスマニア交響楽団の首席指揮者を務めた。1997年、ホルン奏者としてのお別れコンサートを米国ボルチモア交響楽団と行った。

写真:Etcetera Records


関連記事

  1. 訃報 〓 ジュリアン・ブリーム, イギリスのギタリスト

  2. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  3. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  4. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第10週のラインナップ発表

  5. ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

  6. ローマ発 〓 レヴァイン、次はサンタ・チェチーリア国立アカデミー管

  7. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  8. バイロイト発 〓 ソプラノのクリスティーン・ゴーキーがバイロイト音楽祭デビューを辞退

  9. バルセロナ発 〓 スペインのカダケス管が活動を停止

  10. 訃報 〓 パウル=ハインツ・ディートリヒ, ドイツの作曲家

  11. ミラノ発 〓 スカラ座がシーズン開幕ガラ・コンサートのプログラムを発表

  12. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴがロサンゼルス・オペラの総監督を辞任

  13. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルの次期音楽監督にアジス・ショハキモフ

  14. シドニー発 〓 シドニー交響楽団がアシュケナージに桂冠指揮者の称号

  15. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。