コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

2020/02/14

指揮者のギャリー・ウォーカー(Garry Walker)が今シーズンをもって、コブレンツを拠点とするライン州立フィルハーモニー管弦楽団(Staatsorchester Rheinische Philharmonie)の首席指揮者を退任することになった。ウォーカーは今シーズンでオーケストラとの契約が切れる。

ウォーカーは1974年、スコットランド・エジンバラの生まれ。1999年の英国リーズ指揮者コンクールで優勝後、英国を中心にさまざまなオーケストラに客演している。2020/2021シーズンから英国のオペラ・ノースの音楽監督に就任することが決まっている。

オペラ・ノースは1977年、国立オペラの一つとして設立されたオペラ・カンバニー。1981年から民営化され、リーズのグランドシアターを拠点に活動、さらにノッティンガム、サルフォードキーズ、ニューカッスルなどで巡回公演を行っている。音楽監督はアレクサンドル・マルコヴィチ(Aleksandar Markovic)の退任後、2017/2018シーズンから空席になっている。

写真:garrywalker.net / Jack Liebeck

関連記事

  1. モントリオール発 〓 モントリオール響の次期音楽監督にラファエル・パヤーレ

  2. ワシントン発 〓 ナショナル・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  4. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  5. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  6. バイロイト音楽祭 〓 夏の音楽祭のチケットのネット販売を停止

  7. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ, 米国の作曲家

  8. ローマ発 〓 ローマ歌劇場がストリーミング配信のラインナップを発表

  9. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  10. ドレスデン発 〓 フラウエン教会の「アドヴェント・コンサート」は無観客で

  11. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  12. パリ発 〓 ミッコ・フランクがフランス放送フィルとの契約を延長

  13. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  14. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  15. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。