コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

2020/02/14

指揮者のギャリー・ウォーカー(Garry Walker)が今シーズンをもって、コブレンツを拠点とするライン州立フィルハーモニー管弦楽団(Staatsorchester Rheinische Philharmonie)の首席指揮者を退任することになった。ウォーカーは今シーズンでオーケストラとの契約が切れる。

ウォーカーは1974年、スコットランド・エジンバラの生まれ。1999年の英国リーズ指揮者コンクールで優勝後、英国を中心にさまざまなオーケストラに客演している。2020/2021シーズンから英国のオペラ・ノースの音楽監督に就任することが決まっている。

オペラ・ノースは1977年、国立オペラの一つとして設立されたオペラ・カンバニー。1981年から民営化され、リーズのグランドシアターを拠点に活動、さらにノッティンガム、サルフォードキーズ、ニューカッスルなどで巡回公演を行っている。音楽監督はアレクサンドル・マルコヴィチ(Aleksandar Markovic)の退任後、2017/2018シーズンから空席になっている。

写真:garrywalker.net / Jack Liebeck

関連記事

  1. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  2. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  3. ブリスベン発 〓 「オペラ・オーストラリア」が新しい“リング”チクルス

  4. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  5. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア音楽院が東洋人の学生のレッスンを停止

  6. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルの弦楽セクションが若返り

  7. 訃報 〓 ヴェルナー・アンドレアス・アルベルト, オーストリアの指揮者

  8. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  9. ベルリン発 〓 ロレンツォ・ヴィオッティがベルリン・フィルにデビュー、ネゼ=セガンの代役で

  10. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  11. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  12. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  13. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  14. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  15. バルセロナ発 〓 リセウ大劇場が《ローエングリン》の公演をキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。