訃報 〓 ヤン・クレンツ, ポーランドの指揮者・作曲家

2020/09/16

ポーランドの指揮者で作曲家のヤン・クレンツ(Jan Krenz)が9月15日に亡くなった。96歳だった。

ポーランド中部の町ヴウォツワヴェクの生まれで、ワルシャワ音楽院で学び、1946年にポーランド第3の都市ウッチのオーケストラを指揮してデビューした。

1953年から1967年までポーランド放送交響楽団の首席指揮者を務めた後、1968年から1973年までワルシャワ国立歌劇場の音楽監督を務めた。

その後、西側での活動が増え、さまざまなオーケストラに客演。1979年からはドイツ・ボン市の音楽監督(-1982)を務め、ボン・ベートーヴェン交響楽団の拡充に尽力したことでも知られる。

最近では、2005年から2008年にかけて、カロル・シマノフスキ・クラクフ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を務めていた。

作曲家としては1949年にカジミエルシ・セロツキ、タデウシュ・バイルトと「グループ49」を結成。作品の中には映画音楽もあり、1957年に公開されたアンジェイ・ワイダ監督の初期の代表作「地下水道」の音楽を担当している。

ポーランド放送響を率いて1963年に初来日した後、読売日本交響楽団、札幌交響楽団を指揮している。

写真:PAP / CAF Maciej B. Brzozowski





関連記事

  1. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  2. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルも「デジタル・コンサートホール」を1か月間無料開放

  4. パリ発 〓 医療従事者の写真をバスティーユ歌劇場の壁面に、パリ国立オペラ

  5. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの2020/2021シーズンが開幕

  6. 大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

  7. 香港発 〓 ホンコン・アート・フェスティバルが中止を発表

  8. コペンハーゲン発 〓 デンマーク王立管の首席客演指揮者にパオロ・カリニャーニ

  9. フィラデルフィア発 〓 演奏前に楽団員が同僚に“客前プロポーズ”

  10. グラナダ発 〓 ルーカス・マシアス=ナバロがグラナダ市管の芸術監督に

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  12. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  13. チューリッヒ発 〓 ヴァイオリニストのダニエル・ホープがチューリッヒ室内管との契約を延長

  14. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  15. ニューヨーク発 〓 ニューヨーク・フィルがネット上で「マーラー・デジタル・フェスティバル」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。