ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2020年の新作披露は《ファルスタッフ》と《カストールとポリュックス》

2020/01/16

バイエルン州立歌劇場が来年の「ミュンヘン・オペラ・フェスティバル2020」の概要を明らかにした。それによると、開幕は6月11日で、閉幕は7月31日。最終日に上演されるのは《雪の女王》。フェスティバルの中で披露される新制作は、ヴェルディの《ファルスタッフ》とラモーの《カストールとポリュックス》の2作品。

ヴェルディの《ファルスタッフ》は7月5日が初日。演出はマテヤ・コリジュニックで、指挥はキリル・ペトレンコ。歌手陣は、ファルスタッフにヴォルフガング・コッホ、フォードにボリス・ピンハソヴィチ、フェントンにボグダン・ヴォルコフ、フォード夫人にアレクサンドラ・クルザクという布陣。

一方、ラモーの《カストールとポリュックス》は6月26日が初日。プリンツ・レゲンテン劇場での上演で、指揮はアイヴァー・ボルトン、演出はハンス・ノイエンフェルス。こちらはエメーケ・バラート、エドウィン・クロスリー=マーサー、アンソニー・グレゴリー、ボリス ・プリグルといった歌手が出演する。

写真:Bayerische Staatsoper


    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン放送響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルがアーカイブ映像をストリーミング配信

  3. ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 ピアニストのアンジェラ・ヒューイットに「バッハ・メダル」、女性で初

  4. チューリヒ発 〓 チューリヒ芸術祭が財政難で終了へ

  5. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  6. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  7. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  9. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  10. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  11. ギュータースロー発 〓 若手歌手のための国際コンクール「新しい声」が終了

  12. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市が次の「トーマスカントル」を募集

  13. チャールストン発 〓 米国の音楽祭でもキャンセル始まる、スポレート芸術祭USAが開催中止に

  14. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  15. ゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭 〓 第100回の音楽祭の開催を断念

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。