ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 2020年の新作披露は《ファルスタッフ》と《カストールとポリュックス》

2020/01/16

バイエルン州立歌劇場が来年の「ミュンヘン・オペラ・フェスティバル2020」の概要を明らかにした。それによると、開幕は6月11日で、閉幕は7月31日。最終日に上演されるのは《雪の女王》。フェスティバルの中で披露される新制作は、ヴェルディの《ファルスタッフ》とラモーの《カストールとポリュックス》の2作品。

ヴェルディの《ファルスタッフ》は7月5日が初日。演出はマテヤ・コリジュニックで、指挥はキリル・ペトレンコ。歌手陣は、ファルスタッフにヴォルフガング・コッホ、フォードにボリス・ピンハソヴィチ、フェントンにボグダン・ヴォルコフ、フォード夫人にアレクサンドラ・クルザクという布陣。

一方、ラモーの《カストールとポリュックス》は6月26日が初日。プリンツ・レゲンテン劇場での上演で、指揮はアイヴァー・ボルトン、演出はハンス・ノイエンフェルス。こちらはエメーケ・バラート、エドウィン・クロスリー=マーサー、アンソニー・グレゴリー、ボリス ・プリグルといった歌手が出演する。

写真:Bayerische Staatsoper


    詳細はこちら ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  2. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  3. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  4. ライプツィヒ・バッハ音楽祭 〓 2021年の「バッハ・メダル」は初めて二人の音楽学者に

  5. ボン・ベートーヴェン・フェスティバル 〓 来年2021年のスケジュールを発表

  6. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  7. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  8. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  9. ベルリン発 〓 クシシュトフ・ポロネクが正式にベルリン・フィルのコンサートマスターに

  10. シドニー発 〓 ハンダ・オペラが今年の公演を中止

  11. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  12. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2022年にワーグナー音楽祭、13の歌劇と楽劇を集中上演

  13. 訃報 〓 フランツ・マズラ, オーストリアのバス・バリトン歌手

  14. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  15. ガーシントン・オペラ 〓 9月にセミ・ステージ形式で《フィデリオ》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。