シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

2019/08/22
【最終更新日】2019/10/17

メゾ・ソプラノ歌手のエミリー・ダンジェロ(Emily D’Angelo)が17日、今年の「レナード・バーンスタイン賞」を受賞した。賞は2002年、音楽祭の創設に深く関わった故人を記念してドイツの貯蓄銀行金融グループ (Sparkassen Finanzgruppe)がスポンサーになって若い音楽家に贈られている。賞金は10,000ユーロ(約118万円)。これまでピアノのラン・ラン(郎朗)やアンナ・ヴィニツカヤ(Anna Vinnitskaya)、チェロのアリサ・ワイラースタイン(Alisa Weilerstein)ヴァイオリンのバイオリニストのチャールズ・ヤン(Charles Yang)が受賞しているが、歌手の受賞は初めて。

ダンジェロはカナディアン・オペラ・カンパニーのメンバーとして活動する25歳。2017年の「新しい声」第2位、2018年の「オペラリア」優勝など、受賞歴多数。2018/2019シーズンには、メトロポリタン歌劇場にデビュー。モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》のアンニオ、モーツァルト《魔笛》の侍女、プーランク《カルメル会修道女の対話》のマチルデ姉妹役などで出演している。

写真:Schleswig-Holstein Festival / Axel Nickolaus


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  2. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  3. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  4. ロサンゼルス発 〓 カルダー四重奏団のメンバーが交代

  5. ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

  6. フィレンツェ発 〓 ペレイラがフィレンツェ歌劇場の総裁に

  7. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  8. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  9. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  10. ウィーン発 〓 2020年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表

  11. ザルツブルク発 〓 ハイティンクがウィーン・フィルの名誉会員に

  12. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウス「シネマシーズン2019/20」スケジュール発表

  13. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  15. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。