訃報 〓 イェルク・デームス, オーストリアのピアニスト

2019/04/18

オーストリアのピアニスト、イェルク・デームス(Jörg Demus)が16日に亡くなった。90歳だった。パウル・バドゥラ=スコダ、フリードリヒ・グルダとともに「ウィーン三羽烏」と呼ばれた存在。バッハ、モーツァルト、シューマンといったドイツ物を中心に350を超えるLP、200を超えるCDをリリースしており、国際的に高い評価を受けてきた。1961年の初来日以来、毎年のように来日した親日家で、2011年春の東日本大震災後の時にも、多くのアーティストが来日をキャンセルする中、演奏会を開いている。2018年11月には東京でも90歳を卯変えた記念リサイタルを開き、これが最後の来日となった。

デームスは1928年、ウィーンの西に広がるザンクト・ペルテン生まれ。父親は高名な美術史学者オットー・デームス、母親はヴァイオリニスト。11歳でウィーン音楽アカデミーに入学、ウォルター・ケルシュバウマー、ハンス・スワロフスキー、ヨーゼフ・クリップス、ヨーゼフ・マルクスたちから指導を受けた。1945年に卒業した後も、パリでイヴ・ナットに師事。その後、ザルツブルク音楽院でヴァルター・ギーゼキングにも師事、さらにヴィルヘルム・ケンプ、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、エトヴィン・フィッシャーら、伝説的な巨匠の薫陶を受けた。1956年のブゾーニ国際コンクールで優勝。その後、世界的な活躍を続けてきた。

伴奏者としての評価も高く、ソプラノのエリーザベト・シュヴァルツコップ、バリトンのディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ヴァイオリンのヨーゼフ・スークといった名演奏家のパートナーとしても活躍した。ザルツブルク郊外に設けられた拠点「ムゼオ・クリストフォリ」には歴史的鍵盤楽器のコレクションが陳列され、毎年夏にマスタークラスを行っていた。

写真:Jörg Demus Festival / Irene Zandel


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ルネ・パーペにオーストリア宮廷歌手の称号

  2. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  3. ワシントン発 〓 作曲家フィリップ・グラスがケネディ・センター名誉賞を受賞

  4. マンチェスター発 〓 英国にハレ管弦楽団による新しい指挥者コンクール

  5. タングルウッド音楽祭 〓 ボストン交響楽団がシャルル・デュトワに贈った「クーセヴィツキー賞」を取り消し

  6. サンフランシスコ発 〓 エサ=ペッカ・サロネンはサンフランシスコ響の音楽監督に

  7. グラインドボーン音楽祭 〓 来年からのツアー指揮者にベン・グラスバーグを起用

  8. ローマ発 〓 アルゲリッチにイタリア共和国功労勲章

  9. ウィーン発 〓 ウィーン放送交響楽団が首席指揮者にマリン・オールソップ

  10. ワシントン発 〓 ケネディー・センターが2019/2020シーズンのラインナップを発表

  11. ミュンヘン発 〓 グルベローヴァがバイエルン州立歌劇場に別れ

  12. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  13. ミラノ発 〓 スカラ座のペレイラ総裁退任へ

  14. ブダペスト発 〓 イヴァン・フィッシャーが失明の危機だったと告白

  15. ウィーン発 〓 ソプラノのカミラ・ニールンドに「宮廷歌手」の称号

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。