ブダペスト発 〓 音楽祭「ワーグナー・デイズ」が政府の突然の補助金カットで2023年の公演を大幅縮小

2023/02/16

毎年6月にワーグナー作品を上演してきたハンガリーの音楽祭「ブダペスト・ワーグナー・デイズ=Budapesti Wagner-napok」がここにきて公演の大幅縮小を発表、波紋を広げている。政府からの補助金が突然大幅にカットされたのが原因。芸術監督を務めるアダム・フィッシャーは動画をSNSにUP、目に涙を浮かべて謝罪している。

音楽祭は2006年の創設で、国営の「芸術宮殿=Müpa」が主催している。例年、フィッシャー指揮のハンガリー放送交響楽団による《ニーベルングの指環》のチクルス上演を核に、別の1作品を上演し、さらにもう1作品がコンサート形式で上演され、大物歌手のリサイタルも行われている。

2023年は《ニーベルングの指環》のチクルスの他、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》の上演、コンサート形式による《パルジファル》、ボー・スコーフスのリサイタルというメニュー。ところが、ここにきて、15日から18日のチクルス上演以外はすべてキャンセルされた。

フィッシャーは動画の中で「芸術宮殿」が国営の機関で、キャンセルは国の命令であることを説明。「私は《ニーベルングの指環》を指揮することができますが、他のイベントは残念ながらキャンセルせざるを得ません。私の同僚たち、親愛なる聴衆の皆さん、そして長年、特に海外から足を運んでくださったすべての方々に対して、私は限りなく申し訳なく思っています」。

写真:Budapesti Wagner-napok


  音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 中止された公演の報酬めぐり、ザルツブルグ音楽祭に対して集団訴訟か。芸術監督の辞任も要求

  2. 訃報 〓 アンドラーシュ・リゲティ(68)ハンガリーの指揮者

  3. リヒャルト・シュトラウス音楽祭 〓 アレクサンダー・リープライヒが芸術監督を辞任

  4. ハレ発 〓 ヘンデル音楽祭が2021年の開催中止を発表、コロナ禍による中止は2年連続

  5. グラフェネック発 〓 音楽祭開幕コンサートの指揮台に佐渡裕、幕開けは細川俊夫の新作ファンファーレ、ヴェルディのレクイエムは急きょ“合唱なし”

  6. マルティナ・フランカ発 〓 ヴァッレ・ディートリア音楽祭が2024年の公演ラインナップを発表

  7. バイロイト音楽祭 〓 夏の音楽祭のチケットのネット販売を停止

  8. ブレゲンツ音楽祭 〓 2024年と2025年のオペラはウェーバー《魔弾の射手》

  9. ヴェルビエ音楽祭 〓 新型コロナのクラスター発生で開幕コンサートは再度のプログラム変更、アカデミーは一時解散

  10. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  11. エクス=アン=プロヴァンス発 〓 夏の音楽祭が2023年のスケジュールを発表、ラトルの《ヴォツェック》、マケラのストラヴィンスキーが登場

  12. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが2024年夏の概要を発表

  13. サリー発 〓 グランジ・パーク・オペラが2026年からワーグナーの《ニーベルングの指環》4部作を4年掛けて上演

  14. チューリヒ発 〓 チューリヒ芸術祭が財政難で終了へ

  15. SWRシュヴェツィンゲン音楽祭 〓 5月開催を10月開催に延期

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。