ハンブルク発 〓 州立歌劇場の次期芸術監督に演出家のトビアス・クラッツァー

2022/12/10

ハンブルク州立歌劇場(Staatsoper Hamburg)が9日、次期芸術監督に演出家のトビアス・クラッツァー(Tobias Kratzer)を迎えると発表した。2015/16シーズンからその任にあるジョルジュ・デルノンの後継で、任期は2025年8月から。クラッツァーはいま最も注目されている演出家の一人。

ドイツ南部ランツフート生まれの42歳。ミュンヘンとベルンで美術史、哲学を、ミュンヘンのアウグスト・エヴァーディング演劇アカデミーでオペラと演劇の演出を学んだ。2006年にワイル《七つの大罪》を手掛けて演出家としてデビュー、その後はフリーの演出家として活動してきた。

2018年、カールスルーエのバーデン州立劇場のワーグナー《神々の黄昏》でドイツ舞台協会の演劇賞「ファウスト賞」を受賞。また、2020年には、ドイツのオペラ雑誌『オペルンヴェルト』の「演出家オブ・ザ・イヤー」と、バイロイト音楽祭で手掛けたワーグナー《タンホイザー》が「公演オブ・ザ・イヤー」に選ばれている。

写真:Royal Opera House


関連記事

  1. カラカス発 〓 「エル・システマ」がギネス記録に挑戦、12,000人が会する超ド級演奏会

  2. チューリッヒ発 〓 世界的な「ロシア・ボイコット」の広がりで、ロシア・ナショナル響のスイス・ツアーは中止に

  3. ウィーン発 〓 話題の《ピーター・グライムズ》で国立歌劇場合唱団に19人の陽性反応、あわや上演中止の危機に

  4. ボーフム発 〓 ルール・トリエンナーレも中止を発表

  5. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが新しいリサイタル・シリーズを無料でストリーミング配信

  6. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  7. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  8. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ響も2020/2021シーズンをキャンセル

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラがワーグナー《リエンツィ》をストリーミング配信

  10. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第5週・4月第1週のストリーミング配信ラインナップを発表

  13. ローマ発 〓 サンタ・チェチーリア国立アカデミー管のコンサートマスターにアンドレア・オビソ

  14. ローマ発 〓 イタリアの劇場は8日まで閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  15. パリ発 〓 フランスの週刊風刺新聞が指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトのセクハラ行為を告発

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。