ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

2019/12/14

バイエルン放送交響楽団(Bavarian Radio Symphony Orchestra)がマリス・ヤンソンス(Mariss Jansons)を追悼する演奏会を来年1月15日に行うことになった。ヤンソンスはこの11月30日に76歳で亡くなった。バイエルン放送響の首席指揮者を2003年から務め、2023/2024シーズンまで任期が残っていた。2005年、2009、2014年、2016年に来日している。プログラムはマーラーの交響曲第2番《復活》。指揮を任されたのは長い友人関係で知られるズービン・メータ(Zubin Mehta)で、ソリストはゲルヒルト・ロンベルガー(Gerhild Romberger)とゴルダ・シュルツ(Golda Schultz)。

写真:Bavarian Radio Symphony Orchestra / Peter Meisei

関連記事

  1. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  2. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  3. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  4. ミュンヘン・オペラ・フェスティバル 〓 予定通りの開催、カウフマンがトリスタンに初挑戦

  5. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  6. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《トリスタンとイゾルデ》を31日にライブ・ストリーミング

  7. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  8. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  9. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  10. ザールブリュッケン発 〓 指揮者のインキネンがザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルとの契約を延長

  11. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  12. フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

  13. ケルン発 〓 指揮者のフランソワ=グザヴィエ・ロトがケルン市との契約を延長

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルのメンバーに初のトルコ人

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がシーズン閉幕を宣言、夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルも中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。