訃報 〓 ペーター・シュライアー, ドイツのテノール歌手

2019/12/28
【最終更新日】2020/01/31

世界的なテノール歌手ペーター・シュライアー(Peter Schreier)が12月25日、ドレスデンの自宅で84歳で亡くなった。20世紀を代表するテノール歌手の一人で、叙情的な声で、オペラのみならずドイツ歌曲の分野でも傑出した存在だった。オペラはモーツァルトの作品を中心に世界的な劇場で60以上の役を演じ、ドイツ歌曲では、J・S・バッハ、シューベルト、シューマンの歌い手としても知られる。35歳の時から糖尿病と闘いながら活動、晩年は指揮者としても活躍した。

1935年、マイセン近郊の生まれ。父親は教師と教会の楽長、オルガン奏者をしていたことから、8歳の時にドレスデンの聖十字架教会の少年聖歌隊である、聖十字架合唱団に入団。1959年、ベートーヴェンの「フィデリオ」の第一の囚人役を歌ってオペラ・デビューした。1963年に東ベルリンのベルリン国立歌劇場と契約。1966年にはウィーン国立歌劇場デビューし、国際的な活躍が始まった。2000年に《魔笛》の王子タミーノ役を最後にオペラの舞台から引退。2005年には歌手活動からも引退した。

写真:DPA / Sebastian Kahnert

関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  2. トロント発 〓 トランペットのコレッティが「カナディアン・ブラス」を退団

  3. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  4. テルアビブ発 〓 2020年の「オペラリア」はテルアビブで開催

  5. 東京発 〓 新国立劇場が6月、7月の公演中止を発表

  6. 東京発 〓 原田慶太楼が東響の正指揮者に

  7. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  8. ロサンゼルス発 〓 アカデミー賞授賞式の指揮台に初の女性指揮者

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  10. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク復活祭音楽祭が過去の公演をストリーミング配信

  11. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  12. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ, イタリアのテノール歌手

  13. ロサンゼルス発 〓 ドゥダメルがロサンゼルス・フィルとの契約を延長

  14. ロンドン発 〓 「BBCプロムス」がこの夏の公演ラインナップを発表、「ラストナイト」の指揮はダリア・スタセヴスカ

  15. ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。