訃報 〓 ペーター・シュライアー, ドイツのテノール歌手

2019/12/28
【最終更新日】2020/01/31

世界的なテノール歌手ペーター・シュライアー(Peter Schreier)が12月25日、ドレスデンの自宅で84歳で亡くなった。20世紀を代表するテノール歌手の一人で、叙情的な声で、オペラのみならずドイツ歌曲の分野でも傑出した存在だった。オペラはモーツァルトの作品を中心に世界的な劇場で60以上の役を演じ、ドイツ歌曲では、J・S・バッハ、シューベルト、シューマンの歌い手としても知られる。35歳の時から糖尿病と闘いながら活動、晩年は指揮者としても活躍した。

1935年、マイセン近郊の生まれ。父親は教師と教会の楽長、オルガン奏者をしていたことから、8歳の時にドレスデンの聖十字架教会の少年聖歌隊である、聖十字架合唱団に入団。1959年、ベートーヴェンの「フィデリオ」の第一の囚人役を歌ってオペラ・デビューした。1963年に東ベルリンのベルリン国立歌劇場と契約。1966年にはウィーン国立歌劇場デビューし、国際的な活躍が始まった。2000年に《魔笛》の王子タミーノ役を最後にオペラの舞台から引退。2005年には歌手活動からも引退した。

写真:DPA / Sebastian Kahnert

関連記事

  1. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  3. ロンドン発 〓 感染力強い新型コロナウイルスの変異種の感染拡大

  4. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  5. デトロイト発 〓 デトロイト響の次期音楽監督にヤデル・ビニャミーニ

  6. ウィーン発 〓 来年1月の《ナブッコ》で、ドミンゴが国立歌劇場にお別れ

  7. フィレンツェ発 〓 レヴァインが指揮活動に復帰

  8. ミルウォーキー発 〓 ミルウォーキー響が2020/2021シーズンをキャンセル

  9. ベオグラード発 〓 準・メルクルの投稿、思わぬ波紋

  10. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアが上演を延期していた新制作の《ニーベルングの指環》4部作の通し上演を10月に

  11. マドリッド発 〓 ドミンゴがSNSで新型コロナウイルス感染を明らかに

  12. ボストン発 〓 フェニックス管弦楽団の次期音楽監督にジョシュア・ワイラースタイン

  13. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  14. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  15. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。