シドニー発 〓 シドニー響の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング

2019/12/14
【最終更新日】2022/06/20

シドニー交響楽団(Sydney Symphony Orchestra)の次期首席指揮者にシモーネ・ヤング(Simone Young)が起用されることになった。任期は2022/2023シーズンから3年間。2014年から首席指揮者を務めているデイヴィッド・ロバートソンの後任。

シドニー響は1932年、オーストラリア放送協会が24人の音楽家を集めたのが始まり。戦後、正式にシドニー響を名乗り、1971年にウィレム・ヴァン・オッテルローが首席指揮者に着任してから黄金時代を迎えた。1973年に完成したシドニー・オペラハウスのコンサートホールを本拠地にしている。

ヤングは1961年、シドニー生まれの58歳。ニューサウス・ウェールズ州音楽院(現在のシドニー大学附属シドニー音楽院)で作曲、指揮、ピアノを学び、1985年にシドニー・オペラハウスで指揮者としてデビューした。

その後、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団(1998-2002)、オーストラリア・オペラ(2001-2003)、ハンブルク州立オペラ(2005-2015)の首席指揮者を歴任。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を女性指揮者として初めて指揮したことでも知られる。

写真:simoneyoung.com / Monika Rittershaus

関連記事

  1. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  2. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  3. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  4. シドニー発 〓 オペラ・オーストラリアが新制作の《ホフマン物語》の上演を延期、コロナ禍で

  5. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  6. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  7. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  8. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  9. 東京発 〓 NHK交響楽団がパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  10. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー, 英国の演出家

  11. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  12. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  13. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  14. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  15. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。