北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

2019/12/13

米国のフィラデルフィア管弦楽団(Philadelphia Orchestra)が中国国際音楽コンクール(China International Music Competition)のレジデント・オーケストラを務めることになった。コンクールは今年2019年、北京にある中国音楽学院が中心となって創設したもの。毎年5月の開催で、参加者が招待者のみと変則的なスタイル。ピアノ部門とヴァイオリン部門が交互に行われる。第1回はピアノ部門が行われ、第1位をカナダのトニー・ユン(Tony Yun)が獲得している。

フィラデルフィア管とコンクールの契約は2020年から5年間。既に今年のコンクールの本選で、音楽監督のヤニック・ネゼ=セガンと本選の伴奏を務めていた。コンクール以外にマスタークラスなどへの協力も行っていくという。オーケストラと中国との関係は古く、国交正常化前の1973年に米国のオーケストラとして初めて中国ツアーを行った歴史を持つ。今年の5月には国交正常化40周年を記念して中国ツアーも行っている。

写真:Philadelphia Orchestra / Chris Lee

関連記事

  1. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  3. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  4. 訃報 〓 ジェシー・ノーマン, 米国のソプラノ歌手

  5. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  6. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  7. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  8. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  9. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  10. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  11. パリ発 〓 ロン・ティボー・クレスパン国際音楽コンクールのピアノ部門で日本人が1、2位独占

  12. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  13. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  14. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴがロサンゼルス・オペラの総監督を辞任

  15. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。