ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

2019/11/02

韓国出身のヴィオラ奏者パク・キョンミン (Kyoungmin Park)がベルリン・フィルハーモニー管弦楽団に入団した。通常の試用期間は通常2年だが、パクは半年を経過した時点で採用が決まった。韓国人の入団は史上初。パクはソウル生まれの27歳。6歳からヴァイオリンを始め、11歳からヴィオラに転身。2003年からウィーンに留学。さらに2008年からベルリンのハンス・アイスラー音楽大学で学び、 ヴァルター・キュスナーに師事。その後、タベア・ツィンマーマンの下で研鑽を積んだ。2010年のライオネル・ターティス国際ヴィオラ・コンクールの第2位、2013年のミュンヘン国際音楽コンクールのヴィオラ部門の第2位など受賞多数。

写真:Berliner Philharmoniker

関連記事

  1. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  2. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  3. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  4. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  5. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  6. ミュンヘン発 〓 ワーグナーの曽孫エファ・ワーグナー・パスキエ、イザール川で仮死状況で発見されるも昏睡状態

  7. フライブルク発 〓 2021年の「ドイツ音楽コンクール」の受賞者決まる

  8. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  9. シュトゥットガルト発 〓 シュトゥットガルト州立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ヴィースバーデン発 〓 ドイツのヘッセン州政府が4月初めまでの州立劇場閉鎖を発表

  11. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  12. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  14. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  15. ケルン発 〓 ケルン放送管の首席指揮者にフランク・ストローベル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。