ミュンヘン発 〓 イーゴリ・ゼレンスキーがバイエルン州立バレエ団の監督を突然辞任

2022/04/08

ロシアを代表するバレエ・ダンサーの一人イーゴリ・ゼレンスキー(Igor Zelensky)が4日、ドイツ・ミュンヘンを本拠地とするバイエルン州立オペラのバレエ団の監督を突然辞任した。ゼレンスキーは2016年からその任にあり、退団の理由について本人とバレエ団は家庭の事情と発表している。

ゼレンスキーは1969年、ロシア南部クラスノダール生まれの52歳。1988年に旧キーロフ・バレエ団(現在のマリインスキー劇場バレエ団)に入団、1991年にプリンシパルに昇格した。1992年から1997年にニューヨーク・シティ・バレエ団のプリンシパルを兼任、2008年には「ロシア人民芸術家」を受章している。

その後、ノヴォシビルスクの国立オペラ・バレエ劇場の芸術監督に就任。2011年からはモスクワのスタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立音楽劇場の芸術監督も兼任した。

州立オペラのセルジュ・ドルニー総裁は「ゼレンスキーと彼の家族の幸せを願っています。この数年、ゼレンスキー氏は、バイエルン州立バレエ団の国際的な魅力を高めてきた。そのおかげで、私たちは自信を持って将来を見据えることができます」と述べている。

ただ、関係者によると、辞任の背景には、州政府からロシアのプーチン大統領との関係について声明を出すよう求められたことがあるとされる。ゼレンスキーはクリミア半島に文化センターを作る目的で大統領によって設立された「国家文化遺産財団」の顧問を務めており、それについて、ドイツのメディアによる取材が進んでいた。

写真:Bayerische Staatsballet


関連記事

  1. 訃報 〓 ワルター・バリリ, オーストリア出身のヴァイオリニスト, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の元コンサートマスター

  2. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が無料のストリーミング配信を開始、その名も“ストリーミング・フェスティバル”

  3. ユトレヒト発 〓 ユトレヒト古楽音楽祭が開催中止を発表、9月開催で初

  4. 上海発 〓 アイザック・スターン国際ヴァイオリン・コンクールは来年に延期

  5. ロンドン発 〓 イギリスの音楽家のビザなし渡航でEU加盟19カ国と合意と発表

  6. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  7. 松本発 〓 セイジ・オザワ松本フェスティバルが開催断念を発表

  8. ビリニュス発 〓 ヴァイオリンのヤッシャ・ハイフェッツ・コンクールで、スペインのハビエル・コメサーニャが優勝

  9. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  10. フライブルク発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にアンドレ・デ・リッダー

  11. ジュネーブ発 〓 スイス・ロマンド管弦楽団がジョナサン・ノットとの契約を延長、任期に期限なし

  12. 訃報 〓 アンドラーシュ・リゲティ, ハンガリーの指揮者

  13. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラ・バレエの次期音楽監督にエドワード・ガードナー

  14. 訃報 〓 ジョーゼフ・ホロヴィッツ, 英国の作曲家

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。