シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 フルートのカラパノスに今年の「レナード・バーンスタイン賞」

2020/08/15

新型コロナウイルスの感染拡大で中止されたドイツのシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が、今年の「レナード・バーンスタイン賞」をギリシャのフルート奏者スタティス・カラパノス(Stathis Karapanos)に贈った。カラパノスはアテネ生まれの23歳。

賞は2002年、音楽祭の創設に深く関わった故人を記念してドイツの貯蓄銀行金融グループ (Sparkassen Finanzgruppe)がスポンサーになり、音楽祭期間中に若い音楽家に贈られている。賞金は10,000ユーロ(約118万円)。

カラパノスは5歳からフルートを学び、アテネ国立音楽院、ブルガリア国立音楽院、ドイツのカールスルーエ音楽大学で学び、卒業後も大学オーケストラのメンバーとして活動。音楽祭オーケストラのメンバーも務めてきた。

2016年には、サントリーニ・アーツ・ファクトリー音楽祭のクラシック音楽部門のディレクターに就任。その後、ギリシャ・ユース・オーケストラ、アテネ国立管弦楽団の首席奏者も最近まで務めていた。

写真:Schleswig-Holstein Festival


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. BBCプロムス 〓 最終日の「ルール・ブリタニア」などの歌詞なし演奏めぐり論争勃発

  2. 訃報 〓 フランツ・マズラ, オーストリアのバス・バリトン歌手

  3. ハレ発 〓 ヘンデルの生地ハレのヘンデル音楽祭も開催断念

  4. ザールブリュッケン発 〓 指揮者のインキネンがザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルとの契約を延長

  5. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  6. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 来年のオペラはネトレプコ主演の《トゥーランドット》

  7. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  8. ザルツブルク音楽祭 〓 バルトリ、聖霊降臨祭音楽祭との契約を延長

  9. グラーツ発 〓 サンクト=マルガレーテンの野外オペラが開催を断念

  10. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  11. ケルン発 〓 WDR交響楽団の次期首席指揮者にマチェラル

  12. ハンブルク発 〓 ドホナーニにハンブルク市から「ブラームス・メダル」

  13. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. シドニー発 〓 ハンダ・オペラが今年の公演を中止

  15. ベルリン発 〓 ドイツは4月19日までの公演をキャンセル、州立歌劇場の音楽祭「フェストターゲ」は中止

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。