リューベック発 〓 フルートのカラパノスに今年の「レナード・バーンスタイン賞」、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭

2020/08/15
【最終更新日】2024/02/02

新型コロナウイルスの感染拡大で中止されたドイツのシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が、今年の「レナード・バーンスタイン賞」をギリシャのフルート奏者スタティス・カラパノス(Stathis Karapanos)に贈った。カラパノスはアテネ生まれの23歳。

賞は2002年、音楽祭の創設に深く関わった故人を記念してドイツの貯蓄銀行金融グループ (Sparkassen Finanzgruppe)がスポンサーになり、音楽祭期間中に若い音楽家に贈られている。賞金は10,000ユーロ(約118万円)。

カラパノスは5歳からフルートを学び、アテネ国立音楽院、ブルガリア国立音楽院、ドイツのカールスルーエ音楽大学で学び、卒業後も大学オーケストラのメンバーとして活動。音楽祭オーケストラのメンバーも務めてきた。

2016年には、サントリーニ・アーツ・ファクトリー音楽祭のクラシック音楽部門のディレクターに就任。その後、ギリシャ・ユース・オーケストラ、アテネ国立管弦楽団の首席奏者も最近まで務めていた。

写真:Schleswig-Holstein Festival


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 州立歌劇場の次期音楽総監督にオメール・メイア・ヴェルバー、ケント・ナガノの後任

  2. イエナ発 〓 指揮者のシモン・ガウデンツが音楽総監督を務めるイエナ・フィルとの契約を延長

  3. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が5月のスペイン・ツアーをキャンセル

  4. ルートヴィヒスブルク音楽祭 〓 開幕延期も、リーニフ指揮の《田園》をライブ・ストリーミング

  5. ブレゲンツ音楽祭 〓 新制作の《アルジェのイタリア女》の上演を断念、上演陣のコロナ陽性反応受け

  6. ボローニャ発 〓 作曲家の故郷にレスピーギ音楽祭誕生

  7. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが5月1日までの公演をキャンセル、4月の公演のキャンセルはドイツでは初めて

  8. ベルリン発 〓 首席フルートのマチュー・デュフォーがベルリン・フィルを退団

  9. フランクフルト発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にトーマス・グガイス、セバスティアン・ヴァイグレの後任

  10. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《薔薇の騎士》をライブ・ストリーミング

  11. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2021年は会期短縮して《トゥーランドット》の上演を中止

  12. リガ発 〓 リガ・ユールマラ音楽祭が中止を発表。ロシアのウクライナ武力侵攻、ゲルギエフ絡みで

  13. ヴェルビエ発 〓 ヴェルビエ音楽祭も開催断念

  14. ドレスデン発 〓 ティーレマンがカール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学の名誉教授に

  15. ザルツブルク発 〓 国際モーツァルト財団が来年の「モーツァルト週間」の公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。