ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

2019/11/01

何があるのか…。メトロポリタン歌劇場の《薔薇の騎士》の公演で、サイモン・ラトル(Simon Rattle)が劇場に対して、12月23日の代役を依頼した。今回の《薔薇の騎士》は11月13日の開幕で、閉幕は1月4日。すべての公演をラトルが指揮することになっていた。代役はギャレス・モレル(Gareth Morrell)。

ラトルのメトロポリタン歌劇場にデビューは、2010/2011シーズンの《ペレアスとメリザンド》。前回に続いて、今回もラトル夫人のマグダレーナ・コジェナー(Magdalena Kožená)がオクタビアン役に起用されており、夫婦共演となった。

写真:London Symphony Orchestra / Doug Peters / PA Wire

関連記事

  1. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  2. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  3. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  4. リガ発 〓 エギルス・シリンスがラトビア国立オペラの総監督に

  5. ベルリン発 〓 パク・キョンミンが韓国人として初めてベルリン・フィルに入団

  6. ライプチヒ発 〓 中部ドイツ放送響の首席指揮者にデニス・ラッセル・デイヴィス

  7. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  8. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  9. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  10. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  11. 訃報 〓 周文中, アメリカの作曲家・教育者

  12. ベネチア発 〓 高潮で開幕公演のリハーサル中止、フェニーチェ劇場

  13. 訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

  14. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  15. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。