大津発 〓 びわ湖ホールが来年度の公演ラインナップを発表

2019/12/15
【最終更新日】2019/12/21

滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールが12月5日、令和2年度(2020年度)の自主事業のラインナップを発表した。ワーグナー作品を上演してきた「プロデュースオペラ」や芸術監督を務める沼尻竜典による「オペラセレクション」、ゴールデン・ウィーク時期の「近江の春 – びわ湖クラシック音楽祭 2020」などがその中心となる。大晦日恒例の「ジルヴェスター・コンサート」も健在だ。

「プロデュースオペラ」は2016年度から《ニーベルングの指環》4部作の上演に取り組んできたが、続いて《ローエングリン》の上演に挑戦する。2021年3月6日、7日の上演で、演出は栗國淳。一方、「オペラセレクション」は《セビリアの理髪師》。日生劇場との提携事業で、ソリストはオーディションを行い、沼尻は「劇場が創るオペラというものを築きたい」と語っている。上演は2020年11月28日、29日。オペラの上演では、沼尻作曲の《竹取物語》の再演も。こちらは新国立劇場との連携事業。上演は2020年7月23日〜26日。

また、3年目となる「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭 2020」は4月25、26日の開催。音楽祭のテーマは毎回、オペラのアリアから選ばれているが、2020年はベートーヴェンの《フィデリオ》から“不思議な想いが私を満たす”。ラインナップには多彩な公演が並ぶが、ソリスト陣にはニキータ・ボリソグレブスキー、前橋汀子、福川伸陽、宮田大、田村響、舘野泉、砂川涼子といった顔ぶれが揃う。

写真:biwako-hall


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  2. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  3. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア・フィルの次期首席指揮者にダニエル・ライスキン

  4. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  5. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  6. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  7. ベルゲン発 〓 エドワード・ガードナーがベルゲン・フィルとの契約を延長

  8. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  9. オスロ発 〓 ノルウェー放送管の次期首席指揮者にペトル・ポペルカ

  10. ブラティスラバ発 〓 スロヴァキア放送響激震、レナルトが復帰

  11. ロンドン発 〓 レザール・フロリサンが創立40周年ツアー

  12. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  13. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  15. 訃報 〓 レイモンド・レッパード, 英国の指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。