バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭がジョン・ルンドグレンの降板を発表

2022/06/12

ドイツのバイロイト音楽祭がスウェーデン出身のバス・バリトン歌手ジョン・ルンドグレン(John Lundgren)の降板を発表した。「個人的な理由」という。今年から上演が始まる新しいワーグナー《ニーベルングの指環》で、《ワルキューレ》のヴォータンと《ジークフリート》のさすらい人を歌うことになっていた。

代役は《ワルキューレ》と《ジークフリート》がトマス・コニエチュニー。また、《ラインの黄金》はエギルス・シリンスと発表された。今年の《ニーベルングの指環》については当初、ヴォータンにギュンター・グロイスベックが起用されたが、本人が辞退したことでルンドグレンが起用されていた。

ルンドグレンはスウェーデン・マリースタッド生まれの53歳。バイロイト音楽祭には《ワルキューレ》のヴォータンで2016年にデビュー、2021年の音楽祭では、新制作の《さまよえるオランダ人》でオランダ人を歌っている。

写真:Royal Opera House


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. グラインドボーン音楽祭 〓 2022年の上演オペラのラインナップを発表

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年の音楽祭が閉幕、最終日にドミンゴ

  3. ベルリン発 〓 指揮者界の最長老ブロムシュテットが転倒、入院

  4. ヴェローナ音楽祭 〓 来年2022年の公演ラインナップを発表、故ゼフィレッリの名舞台がずらり

  5. フランクフルト発 〓 メゾ・ソプラノのクラウディア・マーンケにフランクフルト市から「宮廷歌手」の称号

  6. ミュンヘン発 〓 イヴァン・レプシッチがミュンヘン放送管との契約を延長

  7. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  8. ミュンヘン発 〓 2021年の「ゲーテ・メダル」が作曲家の細川俊夫らに

  9. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表、目玉は「マーラー・フェス」

  10. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが次期首席指揮者にダニエレ・ガッティを選択

  11. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立バレエ団が空席の監督にローラン・イレール

  12. ザルツブルク発 〓 モーツァルト週間が二年連続の中止を発表

  13. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナース

  14. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが芸術総監督を退任するバッハラーへ送別コンサート、ストリーミング配信も

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。