パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

2019/10/27

テノール歌手ロベルト・アラーニャ(Roberto Alagna)がまた途中降板した。金曜日に幕を開けたパリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で、1幕が終わったところで降板した。ドン・カルロの役は2幕から、若手のセルジオ・エスコバル(Sergio Escobar)が歌い、パリ・デビューを飾っている。

アラーニャは1963年生まれの56歳。昨年も、バイロイト音楽祭デビューとなる《ローエングリン》の出演を直前にキャンセル。メトロポリタン歌劇場の2018/2019シーズンの開幕公演だった《サムソンとデリラ》でも途中降板している。

出演していた《ドン・カルロ》は、2017年から上演されているクリストフ・ワリコフスキが演出を手掛けたプロダクション。ファビオ・ルイージの指揮で、ロドリーゴにエティエンヌ・デュピュイ、フィリッポ二世にルネ・パーペ、エボリ皇女にアニタ・ラチヴェリシュヴィリという歌手たちが出演している。エリザベッタはアラーニャ夫人のアレクサンドラ・クルジャクが演じている。

写真:Opéra national de Paris / Vincent Pontet

関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 8月末からのミュンヘン国際音楽コンクールも中止

  2. トリノ発 〓 王立歌劇場がストリーミング配信、毎日違った作品をアップ

  3. ハノイ発 〓 ベトナムを代表するオペラ歌手、義兄に刺殺される

  4. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  5. ベルリン発 〓 ドイツの音楽家6人が音楽家への支援を訴える書簡を文化大臣に、新型コロナウイルス禍で

  6. ザルツブルク発 〓 夏の音楽祭はプログラムを組み直して開催を模索

  7. マドリッド発 〓 ドミンゴがSNSで新型コロナウイルス感染を明らかに

  8. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  9. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  10. コンスタンツ発 〓 南西ドイツ・フィルハーモニー管が新しい“シェフ”探し

  11. アムステルダム発 〓 オランダも8月いっぱいイベント禁止、オランダ芸術祭も中止

  12. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  13. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  14. ボストン発 〓 ボストン響が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ウィーン発 〓 2021年の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者はムーティ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。