ラスベガス発 〓 ラスベガス・フィルが芸術顧問に大御所レナード・スラットキン

2024/02/16

米国のラスベガス・フィルハーモニー管弦楽団(Las Vegas Philharmonic)芸術顧問に米国の指揮者界の大御所の一人、レナード・スラットキン(Leonard Slatkin)を迎えると発表した。オーケストラが創立25周年を迎える2024/2025シーズンから。この2月24日のガラ・コンサート、2024年11月9日のアメリカン・クラシックのプログラムを指揮するという。

レナード・スラットキンは米国ロサンゼルス生まれの79歳。ユダヤ系の家庭で育ち、父は指揮者・ヴァイオリニスト・ハリウッド弦楽四重奏団創設者、母はそのメンバー。インディアナ大学、ロサンジェルス市立大学を経て、ジュリアード音楽院でジャン・ポール・モレルに師事して指揮法を学んだ。

指揮者デビューは1966年。ニューオーリンズ・フィルハーモニー管弦楽団の指揮者を経て、1979年にセントルイス交響楽団に音楽監督に就任。1996年まで在任し、1983年には『タイム』誌の全米オーケストラ・ランキングでシカゴ交響楽団に次ぐ評価を獲得するなど、オーケストラの知名度を大幅に向上させた。

その後、ワシントンのナショナル交響楽団の音楽監督(1996ー2008)、BBC交響楽団の首席指揮者(2000ー2004)を経て、2008年にデトロイト交響楽団の音楽監督に就任、在任10年でオーケストラの立て直しに成功した。その後、リヨン国立管弦楽団の音楽監督。デトロイト響から桂冠音楽監督、リヨン国立管から名誉音楽監督、セントルイス響からは桂冠指揮者の称号を贈られている。

写真:Vancouver Symphony Orchestra


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 英国政府がライブ・イベントの再開を急きょ延期

  2. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  3. パリ発 〓 米国のソプラノ歌手リセッテ・オロペサにフランス政府の「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  4. 台北発 〓 指揮者のエリアフ・インバルが台北市立響との契約を破棄、首席指揮者を退任

  5. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル響とウクライナ国歌

  6. モスクワ発 〓 ボリショイ劇場が過去の公演をYouTubeで配信

  7. ローマ発 〓 フィレンツェ歌劇場の総裁に就任したばかりのカルロ・フォルテスに対し、労働安全規則違反で16カ月の実刑判決

  8. ペルミ発 〓 クルレンツィス&ムジカ・エテルナのベートーヴェン交響曲第1弾が登場

  9. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが新制作の《トリスタンとイゾルデ》を31日にライブ・ストリーミング

  10. リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルの次期首席指揮者にドミンゴ・インドヤン

  11. プラハ発 〓 プラハ交響楽団の次期首席指揮者にトマーシュ・ネトピル

  12. パリ発 〓 「France Musique」が年末年始、パリ国立オペラによるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作をストリーミング配信

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが12日まで公演をキャンセル、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  14. リンツ発 〓 州立劇場の首席指揮者にイングマール・ベック

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第9週のラインナップ発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。