バーミンガム発 〓 ジュリアン・ロイド・ウェッバーが王立バーミンガム音楽院の学長を退任

2020/08/21

王立バーミンガム音楽院がチェロ奏者で学長を務めてきたジュリアン・ロイド・ウェッバー(Julian Lloyd Webber)の退任を発表した。2014年に椎間板ヘルニアによる右腕機能低下のために演奏活動から引退、2015年から学長を務めていた。今後、名誉教授を務めるという。

ジュリアンはロンドン生まれの69歳。父は作曲家、母もピアノ教師という音楽一家で育ち、兄のアンドリューは「キャッツ」や「オペラ座の怪人」といった人気ミュージカルの作曲家。

ロンドンの王立音楽院でダグラス・キャメロンに師事して、1971年にウィグモア・ホールでデビューした。1973年からジュネーブでピエール・フルニエに師事、その後、国際的な活躍を続けていた。

学長就任後、2017年には新校舎建設を実現させ、エリザベス女王から「ロイヤル」の称号を授与され、バーミンガム市立大学付属音楽院を晴れて王立音楽院に昇格させている。

写真:Royal Birmingham Conservatoire / Andrew Crowley


関連記事

  1. 東京発 〓 新国立劇場がオペラの芸術監督の大野和士との契約を延長

  2. ロンドン発 〓 BBCコンサート・オーケストラの首席客演指揮者にアンナ=マリア・ヘルシング

  3. ボストン発 〓 ボストン響が給与カットと一時休職で合意、タングルウッド音楽祭に希望繋ぐ

  4. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  5. 訃報 〓 クリスティアーヌ・エダ=ピエール, フランスのソプラノ歌手

  6. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  8. オーデンセ発 〓 オーデンセ響の首席指揮者にピエール・ブリューズ

  9. カルガリー発 〓 カルガリー・フィルも楽団員84人全員を一時解雇

  10. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  11. プラハ発 〓 チェコ・フィルのコンサートマスターにヤン・フィッシャー、オルガ・シュロウブコバの後任

  12. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  13. グシュタード発 〓 メニューイン音楽祭が中止を発表

  14. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  15. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。