モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

2019/09/05
【最終更新日】2019/10/17

カナダのテノール歌手、ジョセフ・カイザー(Joseph Kaiser)が調子を崩している。ロイヤル・オペラ・ハウス《サロメ》のキャンセルが伝えられたばかりだが、10月のアン・デア・ウィーン劇場《皇帝ティートの慈悲》だけでなく、2020年3月の《フィデリオ》もキャンセルすることが明らかになった。

カイザーはモントリオール出身の41歳。2005年にバリトン歌手として、プラシド・ドミンゴが主宰する若手歌手のためのコンクール「オペラリア」で第2位に入賞。テノールに転身後の2006年、ケネス・ブラナー監督のオペラ映画「魔笛」でタミーノを演じて注目を浴び、2007年にはニューヨークのメトロポリタン歌劇場、ザルツブルク音楽祭に立て続けにデビュー、着実にキャリアを重ねていた。

写真:josephKaiser.com

関連記事

  1. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  2. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  3. 訃報 〓 イヴォ・マレク, フランスの作曲家

  4. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  5. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  6. プラハ発 〓 プラジャーク・クヮルテットが2021年に解散

  7. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  8. ニューヨーク発 〓 ドローラ・ザジックが引退を表明

  9. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  10. カーディフ発 〓 BBCウェールズ・ナショナル管の次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  11. バンクーバー発 〓 オットー・タウスクがバンクーバー響との契約を延長

  12. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  13. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  14. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  15. トロント発 〓 トロント交響楽団の音楽監督にグスターボ・ヒメノ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。