訃報 〓 グウェンドリン・キルブリュー, アメリカのメゾ・ソプラノ歌手

2022/01/17

米国出身のメゾ・ソプラノ歌手グウェンドリン・キルブリュー(Gwendolyn Killebrew)が昨年12月24日、自宅のあるドイツのデュッセルドルフで亡くなった。80歳だった。ザルツブルク音楽祭やバイロイト音楽祭など、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場など国際的な舞台で活躍した。

1941年、フィラデルフィアの生まれ。フィラデルフィアのテンプル大学、ニューヨークのジュリアード音楽院、アスペン音楽祭で学び、26歳だった1967年にワーグナー《ワルキューレ》のヴァルトラウテ役でメトロポリタン歌劇場にデビューした。

この時の公演は、ヘルベルト・フォン・カラヤンが指揮に加えて演出を手掛け、ビルギット・ニルソン、トーマス・スチュワート、ジョン・ヴィッカーズ、グンドゥラ・ヤノヴィッツ、カール・リッダーブッシュ、クリスタ・ルートヴィヒらが出演した豪華な公演で、1968年にラジオ放送も行われている。

1968年にはカルメンを歌ってミュンヘンのバイエルン州立歌劇場にデビュー。1971年にワシントンのケネディ・センターの新しいオペラハウスがオープンした時には、ヒナステラ作曲のオペラ《ベアトリーチェ・チェンチ》の世界初演に参加した。

1972年にザルツブルク復活祭音楽祭、1973年にはザルツブルク音楽祭に出演。ザルツブルク音楽祭では、カラヤン指揮のケルン放送交響楽団らによって世界初演されたオルフ作曲のオペラ《時の終わりの劇》への参加だった。1978年にはバイロイト音楽祭にもデビュー。パトリス・シェローが演出を手掛けた《ニーベルングの指環》にも出演した。

1976年から2006年まではドイツのデュッセルドルフを本拠地とするライン・ドイツ・オペラの専属歌手となり、1988年には「宮廷歌手」の称号が贈られている。2009年にクリストフ・ロイ演出で上演されたオッフェンバック《美しきエレーヌ》バッキス役を歌ってオペラの舞台から引退、後進の指導に当たっていた。

写真:www.gwendolynkillebrew.com / Beth Bergmann


関連記事

  1. 東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

  2. 札幌発 〓 指揮者のマティアス・バーメルトが札響との契約を延長

  3. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  4. フィラデルフィア発 〓 フィラデルフィア管弦楽団が2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表、トゥガン・ソヒエフも客演

  5. 訃報 〓 ケネス・ウーラム, 英国のテノール歌手

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが無料の“出前コンサート”

  7. ジュネーブ発 〓 スイス・ロマンド管弦楽団がジョナサン・ノットとの契約を延長、任期に期限なし

  8. 訃報 〓 ティト・デル・ビアンコ, イタリアのテノール歌手

  9. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールがゲルギエフに“追加制裁”、5月のマリインスキー管との公演もキャンセル

  10. 北京発 〓 中国メディア、ピアニストのユンディ・リを買春容疑で拘束と報道

  11. ヴヴェイ発 〓 クララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールが最終出場者22人を発表

  12. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2020/2021シーズンのキャンセルを発表

  13. バレンシア発 〓 バレンシア管弦楽団の次期首席指揮者にアレクサンダー・ リーブライヒ

  14. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴェデルニコフ, ロシアの指揮者

  15. ロサンゼルス発 〓 ヒドゥル・グドナドッティルがゴールデングローブ賞の作曲賞を受賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。