ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

2019/10/17
【最終更新日】2019/10/18

ウィーン国立歌劇場が16日、演出家の交代を発表した。演出家が交代するのは、12月8日に世界初演されるオルガ・ノイヴィルトの《オルランド》。カロリーネ・グルーバー(Karoline Gruber)からポーリー・グラハム(Polly Graham)に交代する。また、重要な役どころであるナレーター役に予定されていたフィオナ・ショウ(Fiona Shaw)の出演キャンセルも発表された。

今回の《オルランド》はウィーン国立歌劇場の150周年記念公演。女性作曲家に歌劇場が初めて作曲委嘱したオペラで、英国モダニズムを代表するヴァージニア・ウルフが1928年に発表した小説『Orlando: A Biography』に基づいた作品。原作、作曲だけでなく、脚本、演出、衣装のすべてに女性が起用されたことで話題を集めた。脚本はフランス系アメリカ人の劇作家キャサリン・フィルー、衣装は「コム・デ・ギャルソン」の川久保玲が手掛ける。

代役に起用されたグラハムは英国の若手演出家で、大学卒業後、カーディフにあるウェールズ・ナショナル・オペラで研鑽を積み、デービッド パウントニーたちに師事。2017年の「International Opera Awards」の新人賞にノミネートされている。また、2018年からは両親が創設した英国ロングボロー・フェスティバル・オペラ(Longborough Festival Opera)の芸術監督を務めている。

写真:Studio Cano


    もっと詳しく ▷

    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. 訃報 〓 ピーター・ゼルキン, 米国のピアニスト

  2. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  3. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  4. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  5. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  6. リオデジャネイロ発 〓 ネルソン・フレイレが腕を骨折、年内の公演をキャンセル

  7. ザルツブルグ復活祭音楽祭 〓 2023年から毎年違う指揮者とオーケストラで

  8. ボストン発 〓 ボストン響が東アジア・ツアーを中止

  9. ラヴェンナ発 〓 イタリアで劇場閉鎖相次ぐ

  10. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウが8日からネット上で「マーラー・フェスティバル」

  11. オスロ発 〓 ノルウェー室内管の次期芸術監督にヴァイオリニストのペッカ・クーシスト

  12. オスロ発 〓 ソニア王妃国際音楽コンクールが閉幕

  13. ポズナン発 〓 ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリンコンクールは2022年にスライド

  14. グラナダ発 〓 パブロ・エラス=カサドが国際音楽舞踏祭の芸術監督を辞任

  15. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。