ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

2019/10/17
【最終更新日】2019/10/18

ウィーン国立歌劇場が16日、演出家の交代を発表した。演出家が交代するのは、12月8日に世界初演されるオルガ・ノイヴィルトの《オルランド》。カロリーネ・グルーバー(Karoline Gruber)からポーリー・グラハム(Polly Graham)に交代する。また、重要な役どころであるナレーター役に予定されていたフィオナ・ショウ(Fiona Shaw)の出演キャンセルも発表された。

今回の《オルランド》はウィーン国立歌劇場の150周年記念公演。女性作曲家に歌劇場が初めて作曲委嘱したオペラで、英国モダニズムを代表するヴァージニア・ウルフが1928年に発表した小説『Orlando: A Biography』に基づいた作品。原作、作曲だけでなく、脚本、演出、衣装のすべてに女性が起用されたことで話題を集めた。脚本はフランス系アメリカ人の劇作家キャサリン・フィルー、衣装は「コム・デ・ギャルソン」の川久保玲が手掛ける。

代役に起用されたグラハムは英国の若手演出家で、大学卒業後、カーディフにあるウェールズ・ナショナル・オペラで研鑽を積み、デービッド パウントニーたちに師事。2017年の「International Opera Awards」の新人賞にノミネートされている。また、2018年からは両親が創設した英国ロングボロー・フェスティバル・オペラ(Longborough Festival Opera)の芸術監督を務めている。

写真:Studio Cano


    もっと詳しく ▷

    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  2. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  3. アトランタ発 〓 アトランタ・オペラ衣装部がマスク製作に奮戦

  4. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  5. ローマ発 〓 イタリアの劇場は8日まで閉鎖、新型コロナウイルスの感染拡大で

  6. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  7. ニューヨーク発 〓 モーストリー・モーツァルト・フェスティバルも開催中止

  8. サンティアゴ発 〓 アンドレ・リュウ率いる“ヨハン・シュトラウス・オーケストラ”がチリで立ち往生

  9. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  10. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  11. オスロ発 〓 オスロ・フィルがラウス・マケラとの契約を更新、首席指揮者就任前の異例の延長

  12. 訃報 〓 リナト・イブラギモヴァ, ロンドン交響楽団の元首席コントラバス奏者

  13. 東京発 〓 新国立劇場が2020/2021シーズンの公演ラインアップを発表

  14. ザルツブルク発 〓 ティーレマンがバッハラーに“宣戦布告”

  15. ウィーン発 〓 ウィーン響の第一コンサート・マスターにダリボル・カルヴァイ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。