ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

2020/01/09

米国のエンターテイメント業界紙「バラエティ=Variety」が6日、007シリーズの25作目となる映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の音楽を担当していたダン・ローマー(Dan Romer)が12月で辞任し、後任にハンス・ジマー(Hans Zimmer)が急きょ起用されることになったと報じた。作曲家の交代はシリーズ初という。

報道によると、辞任した理由は製作会社「イーオン・プロダクションズ=Eon Productions」との「創造上の相違」という。ローマーは過去に『ビースト・オブ・ノー・ネーション』など、『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の監督を務めるキャリー・フクナガの作品の音楽を担当していた。

急きょ代役に立ったジマーは西ドイツ・フランクフルト生まれの62歳で、ハリウッド映画界で最も有名な作曲家の一人。『グラディエーター』や『ダ・ヴィンチ・コード』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどの音楽を手掛け、1994年に『ライオン・キング』の音楽でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞を同時受賞している。アカデミー賞ノミネートが11回、ゴールデングローブ賞のノミネートは14回を数える。

映画の公開は、英国が4月2日、米国では4月10日の予定。そこから逆算すると、2月中旬頃までに録音を終わらせなければならないため、ジマーは過去に共同作業を行った作曲家の仲間たち、ベンジャミン・ウォルフィッシュ(Benjamin Wallfisch)やローン・バルフェ(Lorne Balfe)といった作曲家にも協力を求めるという。

写真:BMW

関連記事

  1. ケルン発 〓 クリスティアン・マチェラルがWDR交響との契約を延長

  2. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  3. 東京発 〓 新国立劇場が6月、7月の公演中止を発表

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  5. ベルリン発 〓 ベルリン・シュターツカペレが創立450年

  6. ロンドン発 〓 レザール・フロリサンが創立40周年ツアー

  7. ドレスデン発 〓 ドレスデン音楽祭も開催断念を発表

  8. ミラノ発 〓 スカラ座の合唱団メンバーから陽性反応、新型コロナウイルス

  9. テルアビブ発 〓 トーマス・ハンプソンもイスラエルに入国できず、そのまま帰国

  10. ブラウンシュヴァイク発 〓 州立劇場が《蝶々夫人》のポスター・デザインを変更、旭日旗を連想させるという抗議受け

  11. ストラスブール発 〓 ストラスブール・フィルの次期音楽監督にアジス・ショハキモフ

  12. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. マドリッド発 〓 テアトロ・レアルが公演をキャンセル、なんと積雪で

  14. ミュンヘン発 〓 8月末からのミュンヘン国際音楽コンクールも中止

  15. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。