訃報 〓 イタリアのバリトン歌手クラウディオ・デズデーリが死去

2018/07/02

イタリアのバリトン歌手クラウディオ・デズデーリ(Claudio Desderi)が6月30日、フィレンツェで亡くなった。75歳だった。父親は作曲家のエットーレ・デズデーリ(Ettore Desderi, 1892 – 1974)。1969年、エジンバラ国際フェスティバルのロッシーニ《ブルスキーノ氏》ガウンデンツィオ役でオペラ・デビュー。モンテヴェルディからノーノまで幅広いレパートリーを持ち、モーツァルト、ロッシーニなどのオペラ・ブッファ作品で味のある演技、歌唱を聴かせた。ザルツブルク、プロムス、グラインドボーンなど、音楽祭への出演も多い。その後、ピサのヴェルディ劇場の芸術監督(1991 – 1998)、トリノの「テアトロ・レッジョ」の芸術監督(1999 – 2001)を歴任。名伯楽としても知られ、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院、ヴェルビエ音楽祭などで後進の指導に当たっていた。

スカラ座デビューは1973年。クラウディオ・アバド、リッカルド・ムーティといったイタリアの巨匠との共演も多い。アバドとは、1981年のスカラ座の《チェネレントラ》の映像が残っている他、ムーティとは、2006年のラヴェンナ音楽祭の《ドン・パスクワーレ》、スカラ座の1987年の《ドン・ジョヴァンニ》、1989年の《コジ・ファン・トゥッテ》がある。《フィガロの結婚》はベルナルト・ハイティンク指揮の1987年のグラインドボーン音楽祭の映像が残されている。また、2012年の「恋するふたりの文学講座」、2014年の「ラスト・ウィークエンド」など、映画にも彼の歌が使われている。

写真:Conservatorio di Musica “Antonio Buzzolla”

関連記事

  1. ケルン発 〓 ケルン放送管弦楽団、常任指揮者ウェイン・マーシャル退任へ

  2. モスクワ発 〓 人気ソプラノのアイーダ・ガリフッリーナが料理本を出版

  3. モスクワ発 〓 指揮者のクルレンツィスにギリシャ政府がフェニックス勲章

  4. デトロイト発 〓 スラトキンがバイパス手術で4月、5月の公演をキャンセル

  5. バーミンガム発 〓 山田一樹がバーミンガム市交響楽団の首席客員指揮者に

  6. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。