訃報 〓 クラウディオ・デズデーリ(75)イタリアのバリトン歌手

2018/07/02
【最終更新日】2023/02/06

イタリアのバリトン歌手クラウディオ・デズデーリ(Claudio Desderi)が6月30日、フィレンツェで亡くなった。75歳だった。父親は作曲家のエットーレ・デズデーリ(Ettore Desderi, 1892 – 1974)。

1969年、エジンバラ国際フェスティバルのロッシーニ《ブルスキーノ氏》ガウンデンツィオ役でオペラ・デビュー。モンテヴェルディからノーノまで幅広いレパートリーを持ち、モーツァルト、ロッシーニなどのオペラ・ブッファ作品で味のある演技、歌唱を聴かせた。ザルツブルク、プロムス、グラインドボーンなど、音楽祭への出演も多い。

その後、ピサのヴェルディ劇場の芸術監督(1991 – 1998)、トリノの「テアトロ・レッジョ」の芸術監督(1999 – 2001)を歴任。名伯楽としても知られ、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院、ヴェルビエ音楽祭などで後進の指導に当たっていた。

スカラ座デビューは1973年。クラウディオ・アバド、リッカルド・ムーティといったイタリアの巨匠との共演も多い。アバドとは、1981年のスカラ座の《チェネレントラ》の映像が残っている。

また、ムーティとは、2006年のラヴェンナ音楽祭の《ドン・パスクワーレ》、スカラ座の1987年の《ドン・ジョヴァンニ》、1989年の《コジ・ファン・トゥッテ》がある。《フィガロの結婚》はベルナルト・ハイティンク指揮の1987年のグラインドボーン音楽祭の映像が残されている。

また、2012年の「恋するふたりの文学講座」、2014年の「ラスト・ウィークエンド」など、映画にも彼の歌が使われている。

写真:Conservatorio di Musica Antonio Buzzolla


関連記事

  1. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場の次期芸術総監督にベルリン州立オペラのマティアス・シュルツ

  2. パリ発 〓 パリ国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチが喉の手術で休養

  4. ペーザロ発 〓 ロッシーニ・オペラ・フェスティバルは開催

  5. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  6. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管の次期音楽監督にフィンランドの指揮者タルモ・ペルトコスキ

  7. ベルリン発 〓 ドイツの7つコンサートホールがキーウ響支援のためのドイツ演奏ツアー

  8. サモーラ発 〓 サモーラ歌劇祭が近隣の相次ぐ森林火災でオペラ上演を来年に延期

  9. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月に米国ツアー、海外ツアーは4年ぶり

  10. ベルゲン発 〓 ペトレンコ、ベルゲン・フィルのコンサートを「深刻な健康問題」でキャンセル

  11. 東京発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウス「シネマシーズン2019/20」スケジュール発表

  12. ラス・パルマス発 〓 グラン・カナリア・フィルが首席指揮者のカレル・マーク・チチョンとの契約を延長

  13. モスクワ発 〓 ボロディン弦楽四重奏団の新リーダーにニコライ・サチェンコ

  14. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ・オペラがワーグナー《リエンツィ》をストリーミング配信

  15. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。