ロサンゼルス発 〓 ドミンゴがロサンゼルス・オペラの総監督を辞任

2019/10/04
【最終更新日】2019/10/17

セクシャル・ハラスメント疑惑が浮上している世界的なオペラ歌手のプラシド・ドミンゴ(78)が2日、ロサンゼルス・オペラの総監督を辞任した。また、来年2~3月に予定されていた公演への出演を取りやめることを明らかにした。ロサンゼルス・オペラには1980年代の創設時から関わり、2003年に総監督に就任。魅力的なラインナップの立案、出演者の確保、自らの出演で歌劇場の名声を高めてきた。

ドミンゴのセクハラ疑惑は8月にAP通信が報じ、これまでに歌手、ダンサー、音楽家、声楽教師、舞台裏スタッフたちが30人以上が被害を告発。ロサンゼルス・オペラは第三者による内部調査を進めているが、まだ調査結果は出ていない。その一方で米国では、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場、フィラデルフィア管弦楽団など出演をキャンセルする団体が出ている。

ロサンゼルス・オペラに宛てた文書でドミンゴは、自身に対するセクハラ告発により「わたしが愛してやまないロサンゼルス・オペラで責務を果たすことが難しくなった」と指摘。「汚名挽回に引き続き取り組む一方で、わたしが総監督を辞任し今後予定されている公演から降板することが、ロサンゼルス・オペラにとって最善だと判断した」と述べている。

写真:Los Angeles Opera


関連記事

  1. 訃報 〓 マルチェッロ・ジョルダーニ, イタリアのオペラ歌手

  2. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  3. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  4. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  5. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  6. モントリオール発 〓 テノールのジョセフ・カイザーが来年まで出演をキャンセル

  7. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  8. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  9. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  10. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  11. ブザンソン発 〓 国際指揮者コンクールで沖澤のどかが優勝

  12. ベルリン発 〓 「オパー・マガジン」が新しいオペラの年間賞を創設

  13. シカゴ発 〓 リリック・オペラの次期音楽監督にエンリケ・マッツォーラ

  14. 訃報 〓 ディナ・ウゴルスカヤ, ドイツのピアニスト

  15. ニューヨーク発 〓 新たに11人の女性がドミンゴのセクハラを証言

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。